日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】「手のひらで“谷”と“山”」平泳ぎ独特の“水のかき方”を学ぶ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】「手のひらで“谷”と“山”」平泳ぎ独特の“水のかき方”を学ぶ

手の動きは小さめに、無限大のマークを描くのがコツ

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 前回から始まった平泳ぎのレッスン。「足首の動きが硬い人はマスターが遅い」という中央大学水泳部の高橋雄介監督の指摘にドキッとしたが、「つけて」「開いて」「押して」「伸ばす」といった一連のキックの動作は何とかマスターできた。ただ、前回は腕のストロークなしでビート板を使った練習だったため、キックが下手な記者は推進力が弱く、下半身がすぐに沈んでしまう状態だった。

ストロークの前段階、スカーリングで進む

 そこで今回のレッスンでは、ビート板を外して腕のストロークの動きを取り入れつつ、息継ぎをしながら泳ぎを継続することを目指す。具体的には、「スカーリング」という体をスムーズに進ませるための腕の動きを学ぶ。「このスカーリングによって手のひらで水をとらえる感覚をつかみ、推進力の高いストロークへと発展させていきます」(高橋監督)。

 まずはプールサイドで、高橋監督にスカーリングの動きのお手本を見せてもらった。

平泳ぎのスカーリングの腕の動き
[画像のクリックで拡大表示]
(1)(2)両方の手のひらを外側に向けた状態で“谷”の形をつくる。(3)(4)その状態で手のひらで水を外側に押し出すように左右へ広げる。(5)(6)両腕を120度くらいに広げたら、逆に両方の手のひらで“山”の形をつくるように、水を内側へ寄せていく。両手が近づいたら、(1)から同様に繰り返す。

 一見、両方の手のひらを外側に広げたり、内側へ寄せたりといった動きを続けるだけのような気がしたが、実際にやってみると手のひらで谷や山の形を作るのには慣れが必要だった。また、肘の位置を動かさずに手のひらを動かすのも結構難しいので、繰り返し練習する必要があった。

プールサイドでスカーリングの動きを高橋監督に教わる
[画像のクリックで拡大表示]
(1)(2)手のひらが完全に外側を向かないようにして、両手で“谷”の形をしっかり作る。(3)(4)肩から肘までは動かさず、肘から手先だけを動かす。

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.