日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】「手のひらで“谷”と“山”」平泳ぎ独特の“水のかき方”を学ぶ  > 2ページ目

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】「手のひらで“谷”と“山”」平泳ぎ独特の“水のかき方”を学ぶ

手の動きは小さめに、無限大のマークを描くのがコツ

 稲川哲浩=日経Gooday

手のひらで無限大のマークを描く

 続いて、プールに入り、高橋監督のスカーリングのお手本を見せてもらった。下の写真では腕の動きを分かりやすくするために、足をプールの壁際に固定してもらったが、実際はこのスカーリングだけでゆっくりと進むことができる。

 「慣れてきたら、手のひらで無限大のマーク(∞)を描くイメージで上下の動きも加えてみましょう」と高橋監督から次の課題が…(下の写真、ビデオを参照)。スカーリングの奥は深い!

プールの中で高橋監督のスカーリングを拝見
[画像のクリックで拡大表示]
(1)~(5)慣れてきたら、手を外側に広げる際に、それぞれの手を上げて下げる(山を書く)ように動かす。(6)~(9)手を内側に寄せる際には、それぞれの手を下げて上げる(谷を書く)ように動かす。全体を通じて、手のひらで無限大のマーク(∞)を描くイメージとなる。
高橋監督による平泳ぎのスカーリングのお手本
水の粒を手のひらで感じながら、無限大のマーク(∞)を描くイメージで手を動かす。

 記者もプールに入ってスカーリングの練習に取り組んだ。最初はプールで立った状態で腕の動かし方を教わる。「水の粒を手のひらで感じながら、水をなでるように動かして下さい」と高橋監督。手のひらで無限大のマーク(∞)を描く動作もやってみた。確かにこうすると、谷や山の形を作った手の平で、水をしっかりととらえやすくなる。

プールに入って手のひらの感覚を教わる
(1)手を外側に開くときには、親指と人差し指で水の抵抗を感じながら、なでるイメージ。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)手を内側に寄せるときは、小指側でなでるように動かす。
[画像のクリックで拡大表示]
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.