日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 体が沈まず、スイスイ腕を回せる「横呼吸」を体得!  > 2ページ
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

体が沈まず、スイスイ腕を回せる「横呼吸」を体得!

顔の向きはストロークを容易にする斜め後ろが正解

 稲川哲浩=日経Gooday

息を吐いた後に手を前に戻す順番が正解!

 横呼吸のイメージがつかめたところで、まずはビート板を使いながらストロークの練習に進んだ(写真4)。最初にビート板の上に両手を置き、バタ足で泳ぐ。次に左手をビート板の上に乗せたまま、右手だけでストロークをして横呼吸を行い、右手をビート板に戻す。その次は右手をビート板の上に乗せたまま、左手だけでストロークを行う(呼吸はしない)。これを交互に繰り返しながら進んでいく。

ビート板を使いながらのクロールの練習
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ビート板の上に両手を置き、バタ足で進み出す(1)。次は左手をビート板の上に乗せたまま、右手のストロークの際に横呼吸を行う(2)。その次は右手をビート板の上に乗せたまま、左手のストロークのみを行う。

 高橋監督から「右腕も左腕も真っすぐ伸ばした状態で、ストロークを行ってください」と注意を受けながら進む。たしかに、水を大きくかけるので推進力が増した気はするが、腕を大きく回し続けるのは結構大変だ(写真5)。疲れてくると、初心者は肩が回らなくなり、小さいストロークになってしまうという(写真6)。

ストロークの際には腕を真っすぐに伸ばす
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
水を大きくかけるので推進力が増すが、腕を大きく回し続けるのは結構大変。ストロークの際に視線を斜め後ろに定めると、肩を回しやすいと感じた。
小さいストロークになってしまうのはNG
[画像のクリックで拡大表示]
疲れてくると、初心者は肩が回らなくなり、小さいストロークになってしまう。

 先ほど教わった「斜め後ろ」を見ながらの呼吸を意識すると、「斜め前方」を向いた呼吸を行う場合と比べて、肩が大きく回ることに気づいた。左腕のストロークでは呼吸はしないが、腕を後ろへ回す際には水中で顔を斜め後ろに定めれば、同様に肩を回しやすくなる。肩を回しやすい姿勢でストロークを行っていると、疲れにくくなるように感じた。かつて野球をやっていたので肩はよく回るほうとはいえ、キックの練習と比べればストロークの練習は取り組みやすく、効果も感じやすいので楽しい。

 美しい横呼吸の仕上げは、呼吸のタイミングと右腕の位置の修正だ。呼吸は「パッ」「ハー」「ウン」の流れで行うが、のんびりしていると、息を「パッ」と吐くころに右腕が上に来てしまう(写真7)。こうなると、「上に伸ばした腕の重力がかかるため、呼吸時に下半身が沈みやすくなる」(高橋監督)という。

息を吐く際に右腕を上げるのはNG
[画像のクリックで拡大表示]
上げた腕の重力がかかるため、呼吸時に下半身が沈みやすくなる

 このため、「ハー」で息を吸い込みながら、右腕を上げていくことが望ましい(写真8)。「息を吐いた後で、後ろにある手を前に戻すと意識すればよいでしょう」(高橋監督)。人それぞれやりやすい方法があると思うが、自分は「パッ」「ハー」「ウン」を早いリズムで短時間で済ますことにより、ちょうどこのタイミングで呼吸できるようになった。

息を吐くときは右腕の位置を水面と平行に
[画像のクリックで拡大表示]
息を吸い込みながら、手を上げていくように意識する。

(次回は、ビート板なしで息がゼイゼイしないクロールのマスターに取り組みます!)

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.