日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 体が沈まず、スイスイ腕を回せる「横呼吸」を体得!
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

体が沈まず、スイスイ腕を回せる「横呼吸」を体得!

顔の向きはストロークを容易にする斜め後ろが正解

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 今回のレッスンではいよいよクロールの腕の動き(ストローク)について教わることになった。クロールをマスターするために、これまで呼吸姿勢アップキックなど、地道な練習を積み重ねてきた。中央大学水泳部の高橋雄介監督(2ページのプロフィール欄を参照)によると、クロールで推進力を生む7割はストロークにあるとのことなので、いよいよ鍵となるテクニックを学んでいく訳である。ところが、最初に教えてくれたのは、前回マスターした呼吸法からだった…。

 バタ足で泳いだときには顔を真正面に上げる「前呼吸」だったが、クロールでは横向きに上げる「横呼吸」に変える必要がある。まずは「左右のどちら側が呼吸をしやすいですか」と高橋監督。自分は右利きなので、当然右側に顔を上げて呼吸するほうが違和感なくできると思っていたが、「利き腕の逆側のほうが呼吸をしやすい人もいます」(高橋監督)という。自分の好みで呼吸すればよいそうだ。

 ただし、注意しなければならないのは、横呼吸の際の顔の方向だ。まずは、ビート板の上に左手を乗せた状態で、横呼吸を練習した。自分はこれまで真横を向いて呼吸していたが、「正解は斜め後ろの方向なんです」と高橋監督(写真1)。その方がフラット姿勢を保ちやすいという。逆に水を吸い込むのを恐れるあまり、横を向いて顔を上げてしまうのは最悪な横呼吸だと高橋監督は指摘する(写真2)。

 「顎が前方に上がり、胸を張ってしまうと、体が立つような姿勢になるため、下半身が沈んでしまいます。顎を引いたまま斜め後ろを見ること。腹圧をしっかり入れるのも忘れないでください」(高橋監督)。これが優雅で速いクロールをマスターするための大切なポイントになる。実際に斜め後ろを見て呼吸してみると、確かにお腹に力を入れやすい。しかし、下の写真で比べて見ると分かるように、顔を水面から上げない分だけ、素早く息継ぎをする必要がありそうだと感じた。

横呼吸では顔を斜め後ろ方向に
顎を引いたまま斜め後ろを見て、腹圧をしっかり入れると、フラット姿勢を保ちやすい。
[画像のクリックで拡大表示]
上を向いて顔を水面から出すのはNG
水を飲み込むのを恐れて顎が前方に上がると、体が立つ姿勢となり、下半身が沈んでしまう。
[画像のクリックで拡大表示]

腕は大きな円を描いて回す

 次に、ストロークを極めるには、手のひらや腕の動かし方など多くの大切なテクニックをマスターする必要があるが、大まかに動かし方を把握するため、高橋監督にプールサイドで模範演技を行ってもらった(写真3)。

 「細かいテクニックについては今後のレッスンで伝えていきますが、初心者はまず腕を真っすぐ伸ばした状態で、大きな円を描くように腕を回しながら水をかくことを意識してください。肩甲骨と手を大きく回せば、横呼吸するためのスペースが広くなるので、呼吸が楽になります」と高橋監督が教えてくれた。

高橋監督によるストロークの模範演技
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
初心者はまず腕を真っすぐ伸ばした状態で、大きく円を描くように腕を回しながら、水をかくことを意識するとよい。細かいテクニックは今後の回で紹介する。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.