日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > フラットなバタ足のコツは「息を止める」  > 3ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

フラットなバタ足のコツは「息を止める」

スカーリングの習得で脱“犬かき”

 稲川哲浩=日経Gooday

内股キックで推進力をアップ

 最後に、アップキックの推進力を強化するための「内股キック」を教えてもらった。アップキックは姿勢をフラットにしてクロールで速く泳ぐには有効だが、脚の振り下ろしを強く意識するダウンキックに比べて推進力が弱いという問題があった。それを改善するのが内股キックだ。

 初心者が無意識にバタ足を続けると、両脚が足先まで真っ直ぐに伸び切ったままで、キックをしてしまう。これに対して、脚のつけ根、膝、足首の関節を内側に回した(ねじった)状態でキックするのが内股キックだ。「足の甲を進行方向に対して斜めにすることで、足の裏でより多くの水をとらえることができ、推進力が増すのです」(高橋監督)。

高橋監督の理想的な内股キック
高橋監督の理想的な内股キック
[画像のクリックで拡大表示]
高橋監督の理想的な内股キック
[画像のクリックで拡大表示]
脚のつけ根、膝、足首の関節を内側に回した状態でキックすると、より多くの水を足でとらえられるので、推進力が増す。

 しかし、このテクニックは足首が硬く、日常生活でも正座が苦手な中年記者には酷だった。いくら足首を内側に回そうとしても、体がまったく言うことを聞いてくれない。「足首が固いですね。力を入れず、親指同士が軽く触れ合うように意識してみましょう」と高橋監督。しかし、高橋監督のアドバイスの甲斐なく、今回はギブアップ。「まあ、内股キックは後回しでもクロールは何とかなりますから、自分で練習しておいてください」と宿題を頂いた。

記者も内股キックをやってみたが…
記者も内股キックをやってみたが…
[画像のクリックで拡大表示]
記者も内股キックをやってみたが…
[画像のクリックで拡大表示]
いくら足首を内側に回そうとしても、最初は体がまったく言うことを聞いてくれなかった。

 後日、自宅近くの区営プールで練習を重ねたところ、足首が多少はほぐれてきて、徐々に親指が触れ合うようになってきた。しかし、足がかまの刃のように内側を向いた高橋監督のキックにはもちろん程遠い。これは地道な練習が必要と感じた。

(次回は、クロールの腕のストロークと呼吸の連携について学びます)

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.