日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > フラットなバタ足のコツは「息を止める」
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

フラットなバタ足のコツは「息を止める」

スカーリングの習得で脱“犬かき”

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 今回のレッスンはビート板なしで、フラットなバタ足を完成させるのが課題だ。これまでに学んだ「パッ」「ハー」「ウン」の呼吸、視線と腹圧を意識した姿勢、そしてアップキックをすべて取り入れる。中央大学水泳部の高橋雄介監督(3ページのプロフィール覧を参照)は、「ビート板やプルブイなどの補助具に頼らずに、呼吸とキックがきちんとできれば、もうクロールは泳げたも同然だよ」と励ましてくれた。

 これまでバタ足できれいに泳ぐことなど考えたこともなかったが、ビート板に頼ることなく呼吸、姿勢、アップキックをすべてそつなく行わなければならないので、少々プレッシャーを感じた。「初めから完璧にやるのは大変だから、まずはプルブイを股に挟んでやってみましょう」と、高橋監督は相変わらず優しい。

ビート板なしで、フラットなバタ足に挑戦
[画像のクリックで拡大表示]
最初はプルブイを股に挟み、「パッ」「ハー」「ウン」の呼吸と、視線、腹圧に注意して姿勢をフラットに保ち、アップキックを加えて泳ぐ。

 最初は無我夢中で泳いでいたが、まずはアップキックに集中し、続いて姿勢を立て直した。そして、最後に呼吸法を整えようと試したが、「ハー」で息を吸う時間がほとんどない。息を十分に吸えないから足が沈み、ますます呼吸が難しくなる悪循環に陥っていった。

 再び高橋先生が助け舟を出してくれた。「呼吸する時間を稼ぐために『スカーリング』を覚えましょう」。

 スカーリングとは、平泳ぎのように左右へ手を軽くかく動作のことだ。これを加えると、呼吸のために顔を上げた状態で浮き続けることができる。

高橋監督によるスカーリングの腕の動き
(1)水中で両腕を真っ直ぐ前に伸ばしてから、両手のひらを外側に向ける。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)手のひらを左右にかいていく。
[画像のクリックで拡大表示]
(3)両手の角度が60~80度に広がったら、両手のひらを内側に向ける。
[画像のクリックで拡大表示]
(4)両手を内側に向けて戻しながらかく。この(1)~(4)を2~3回繰り返している間に呼吸する。
[画像のクリックで拡大表示]

 実際にやってみたが、初めて聞いたテクニックだけに、慣れが必要だった。最初のうちは、両手を左右にかいた後で、顔を水面上に上げようとしてプールの底に向けてかき、また両手を元に戻すといった動きになってしまう。プールから出て自分がスカーリングを行っている写真を見直すと、まるで犬かきのような情けない格好になってしまっていた。

記者のお粗末なスカーリング
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左右に手をかいた後、両手を下に向けて水をかくため、犬かきのようになっている。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.