日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】美しい平泳ぎのマスターは足裏でのキックから
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】美しい平泳ぎのマスターは足裏でのキックから

フラット姿勢でキックの推進力を向上

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 クロール、背泳ぎでのきれいな泳ぎをマスターしたところで、今回からは平泳ぎのレッスンに移る。実は中央大学水泳部の高橋雄介監督が最も心配していたのが平泳ぎだった。「他の泳ぎ方は、ほとんどの方が初歩的なレベルを大差なくマスターできると言えるのですが、平泳ぎは足首の動きが硬いとキックのマスターに非常に時間がかかるケースがあるのです」(高橋監督)。

 そういえば、記者も平泳ぎではキックの進みが悪い。さらに、正座が苦手で、足首が硬いと人からよく言われる。こうした不安を抱えつつ、レッスンを受け始めた。

記者がレッスンを受ける前の平泳ぎ
足首が硬いせいか、平泳ぎではキックの進みが悪い記者。高橋監督のレッスンでどこまで改善されるのか。

キックの基本は「つけて」「開いて」「押して」「伸ばす」

 まずは、平泳ぎのキックの習得から。記者はこれまで何となく脚を曲げて伸ばしてを繰り返していただけだったが、他の泳ぎ方と比べると平泳ぎはキックの動きが複雑なので、腕のストロークのように行程をしっかりと理解する必要がある。

 「まずは両脚を揃えた状態から膝を曲げて、足首をお尻に引きつけます。この状態から脚を横に少し開き、両足のつま先を外側に向ける。続いて、膝を伸ばして両足の裏側で水を蹴ります。最後はまた両脚を揃えて、両足のつま先を伸ばすのです」と高橋監督。この動きを覚えるには、「つけて」「開いて」「押して」「伸ばす」と唱えましょう、とアドバイスしてくれた。

平泳ぎのキックをプールサイドでイメージ(高橋監督のお手本)
[画像のクリックで拡大表示]
(1)膝を曲げて、足首をお尻に引きつける(つけて)。(2)脚を横に少し開き、両足のつま先を外側に向ける(開いて)。(3)両足の裏側で水を蹴る(押して)。(4)両足のつま先を伸ばす(伸ばす)。

 この練習でのポイントは、足の裏で水をしっかり蹴れるように、すねの外側の筋肉を使って、つま先をグッと持ち上げることだ(下の写真の「2」を参照)。前述したように、足首が硬いとこのつま先の持ち上げが足りず、進まないキックになりやすい。記者も同様の練習をしてみたところ、楽勝とはいかないまでも、気合を入れてすねの外側の筋肉に力を入れれば、何とか足の裏側で水を蹴れそうな角度まで足首を曲げることができた。

プールサイドで椅子に座ってキックの指導を受ける
[画像のクリックで拡大表示]
(1)「開いて」の行程では、膝の間にゲンコツ2つ分が入る程度にする。(2)同時につま先をしっかり持ち上げる。(3)足裏でしっかり水を蹴る。(4)「伸ばす」の行程では、つま先を伸ばして、水の抵抗を減らす。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.