日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】美しい平泳ぎのマスターは足裏でのキックから  > 2ページ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】美しい平泳ぎのマスターは足裏でのキックから

フラット姿勢でキックの推進力を向上

 稲川哲浩=日経Gooday

「カエル足」「あおり足」にならないよう要注意

 続いては、プールの中に入ってキックの練習だ。プールの壁につかまって水に浮いた状態で、「つけて」「開いて」「押して」「伸ばす」と言いながらキックを繰り返す。プールサイドで椅子に座りながらの練習では自分の目で脚の動きを確認できるが、プールの中では視線を真下に向けるので脚は見えない。プールサイドの練習でキックの動きのイメージをつかみ、水中ではそのイメージにキックが近づくように練習を重ねるのだ。

プールの中での平泳ぎのキック(高橋監督のお手本)
[画像のクリックで拡大表示]
(1)「つけて」。(2)「開いて」。(3)「押して」。(4)「伸ばす」。
高橋監督による平泳ぎのキックのお手本
足首の関節を意のままに操れる高橋監督は、キックだけでもスイスイと進んでいく。

 記者もプールで同様の練習をしてみたところ、やはり自分の脚が見えないということもあって、「開いて」の行程で膝の間隔が開きすぎてしまった。これは「カエル足」と呼ばれ、見た目が格好悪いことに加えて、キックの推進力も損なわれてしまう。両脚を大きく広げてキックしてしまうと、足裏を押し出す方向が真後ろではなく斜め後ろになってしまうためだ。膝の間隔を狭めるように意識して、キックの動きを繰り返した。

両膝の間隔が開きすぎた「カエル足」
[画像のクリックで拡大表示]
見た目が格好悪く、キックの推進力も損なわれてしまう。

 「これに加えて、初心者にありがちな誤りは、足の裏でなく甲で水を押し出そうとしてしまう動きで、これは『あおり足』と呼びます」と高橋監督。この形になってしまうと、推進力が損なわれるだけでなく、水泳の競技会では平泳ぎとしては失格になってしまうそうだ。「これを直すには、すねの外側の筋肉を使ってつま先を持ち上げる練習を重ね、徐々に足首を動きやすくしていきましょう」(高橋監督)。

足の甲で水を押し出そうとしてしまう「あおり足」
[画像のクリックで拡大表示]
水泳の競技会では、平泳ぎとしては失格になってしまう。
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.