日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】美しい平泳ぎのマスターは足裏でのキックから  > 3ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】美しい平泳ぎのマスターは足裏でのキックから

フラット姿勢でキックの推進力を向上

 稲川哲浩=日経Gooday

水面近くのキックで推進力を改善

 壁際での練習で足裏で水を押すキックができるようになってきたので、続いてはビート板を手に持ってキックだけで進む練習を行った。まず注意したいのはビート板の持ち方だ。記者が前に伸ばした両腕でビート板を持って進もうとしたところ、キックの推進力が弱すぎるために、下半身が沈んでしまった。

[画像のクリックで拡大表示]
前に伸ばした両腕でビート板を持ってキックをしても、下半身が沈んでしまう。

 そこで、今度はビート板をお腹に抱えた状態で同じ練習に再チャレンジ。このほうが強い浮力を得られるので、体が水面と平行になるフラット姿勢を初心者でも維持しやすい。この状態で、改めて「つけて」「開いて」「押して」「伸ばす」の行程を繰り返した。

ビート板を胸に抱えてキックの指導を受ける
[画像のクリックで拡大表示]
(1)「開いて」の行程で足裏が後方を向くように。(2)「開いて」の行程で膝の間隔が開き過ぎないように。(3)「押して」の行程が終わるまでは足裏を後方に向けたまま。(4)「伸ばす」でつま先を伸ばすことも忘れずに。

 フラット姿勢でキックすると、若干進み方が良くなってきた気がした。「背泳ぎでは腕のストロークで水面付近をかくように教えましたが、平泳ぎのキックも同様で、水面近くでキックをするほうが高い推進力を得られるのです」と高橋監督。フラット姿勢がきちんとできていれば、自然とキックの位置は水面近くになる。クロールの泳ぎ方で教わったように、視線を真下に向け、腹圧を入れることでフラット姿勢を改めて心がけ、キックの練習を重ねることで、徐々に平泳ぎのキックの進み方が改善されてきた。

ビート板を胸に抱えてキックだけで進む
[画像のクリックで拡大表示]
まだまだ完全ではないが、キックだけでも徐々に進むようになってきた。
ビート板を抱えて平泳ぎのキックの練習
ビート板をお腹に抱えると、水面に平行なフラット姿勢を保ちやすい。すると水面近くをキックできるので、進みやすくなってきた。

 次回は平泳ぎのストロークを体得するためのスカーリングという技法を学びます。

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.