日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > バタ足で最先端のアップキックを学ぶ  > 3ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

バタ足で最先端のアップキックを学ぶ

しなやかキックで足の疲労が軽くなる

 稲川哲浩=日経Gooday

しなやかに足首で蹴って推進力をアップ

 アップキックは主に脚のももやふくらはぎの筋肉を使って行う動作だが、足首から指先の部分の使い方にもポイントがある。「足の動きが固い人が多いのですが、一言でいうとしなやかに動かすことを心がけてください」と高橋監督。しなやかなキックとはどのようなものなのか。「例えば、イルカの尾が動くようなイメージで、足首はもちろん、脚全体がムチのようにしなるような動きを目指してください」と教えてくれた。

しなやかなキックのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
高橋監督の手でしなやかなキックのイメージを表現してもらった。魚の尾ひれのように、それぞれの足の甲がしなるように動かすのが理想的だ。

 自分のこれまでのクロールでは、とにかく力強くキックすることに気を取られていた。「脚全体に力を入れたり、膝を直角に折ってキックしている人をよく見かけますが、力を入れて進んだつもりになっていても、膝下しか使えていなかったりして、実際はあまり推進力が得られていないのです」(高橋監督)という。

膝が直角になった悪いキック
[画像のクリックで拡大表示]
力を入れて進んだつもりになっていても、実際はあまり推進力が得られていない。

 実際にしなやかなキックに挑戦してみたが、脚全体に力が入っているとうまくいかない。特に、アップキックになるように意識しながら、脚の力は抜くというのが難儀だ。そこでまた、道具の力を借りることにした。ダイビングでお馴染みのフィンを使うと、足の甲の動きが感じやすくなるという。使ってみると、水の抵抗が大きくなるので、足の甲が自然とゆったりした動きになった。

練習で使用したミニフィン
ダイビングで使うものよりも、ヒレのサイズが小さい。公共プールやスポーツクラブなどで使用できる施設もある。
[画像のクリックで拡大表示]
フィンを使ってキックの練習
水の抵抗が大きくなるので、足の甲が自然とゆったりした動きになる。そのリズムを体で感じると、動かし方のコツがつかみやすくなる。
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでの自分のクロールでは、長い距離を泳ぐと疲れ切って、足の甲の当たりがつってくるのが気になっていた。しかし後日、今回教わった、しなやかなアップキックを近所の区営プールで練習していると、ある程度の距離を泳いでも、足が疲れていないことに気が付いた。自分としてはキックの推進力が強まったことよりも、疲労がたまりにくい効果の方が大変有り難かった。

(次回は、ビート板なしでスマートなアップキックを完成させます)

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.