日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > バタ足で最先端のアップキックを学ぶ  > 2ページ目

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

バタ足で最先端のアップキックを学ぶ

しなやかキックで足の疲労が軽くなる

 稲川哲浩=日経Gooday

最先端のアップキックで姿勢を改善

 次第に前呼吸に慣れてきたところで、いよいよ最先端のキック法を教わることになった。これまで自分の感覚では、脚を大きく動かし、強く水面をたたくほど、速く進めるような気がしていた。高橋監督によると、日本の水泳指導では「水中で足の甲を使って打つダウンキック」が主流だったという。しかし、「競泳での成果を見ても、速いのはアップキックという結論になっています」と言い切られた。

 アップキックとは、その名の通り、脚を水面上に上げる感覚で動かす方法だ。もも裏とふくらはぎの筋肉を使って脚を水面上(通常の立った姿勢なら後方)にゆっくりと柔らかく上げて、水しぶきが大きく立たないように蹴り込む。このため「サーフェスキック」とも呼ぶ。

 このキックがベストである理由は、「フラット姿勢を保ちやすいことなんです」と高橋監督。「ただ浮くだけだと下半身が下がってしまう人が多いのですが、アップキックによって足を水面の上まで上げると、その勢いで姿勢をフラットに修正できるのです。逆にダウンキックだと、さらに下半身が下がりやすくなってしまいます」。眉間をプールの底に向けてアップキックを行うと、確かに下半身が沈まなくなった。

「サーフェスキック」が最新のキック法
[画像のクリックで拡大表示]
脚を水面上に上げる感覚で動かす。フラット姿勢を保ちやすいので、水の抵抗を受けにくく、最終的にクロールが速くなる。

 しかし、バタ足をアップキックでしても、それほど速くなった気がしない。高橋監督に聞くと、「水泳の推進力は、7割が腕のストロークによって生まれ、キックの効果は3割しかないのです。たしかにバタ足だけで泳ぐならば、アップキックよりもダウンキックの方が速いかもしれません。しかし、アップキックでフラット姿勢を保てば、水の抵抗が弱まるので、腕のストロークを加えると圧倒的に速くなるのです」と明快に説明してくれた。

 どうしても脚が沈みやすくフラット姿勢を保つコツがつかめないという人は、プルブイを股に挟みながら、膝から下でのバタ足を練習するといい。下半身を浮かすイメージを体で覚えることで、上達が早まるという。

下半身が下がってしまった悪い例
[画像のクリックで拡大表示]
一般的に、筋肉質の男性は下半身が沈みやすい。自分の練習では、息を吐く「パッ」の後にすかさず「ハー」で吸い込むリズムに変えてみると、下半身の沈み込みを若干抑えやすくなった。
プルブイを使って練習
[画像のクリックで拡大表示]
プルブイを股に挟んで、下半身を浮かすイメージを体で覚える。
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.