日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 水中で正しい姿勢を保つ呼吸とお腹の関係とは  > 2ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

水中で正しい姿勢を保つ呼吸とお腹の関係とは

肺を“浮袋”に代える方法があった

 稲川哲浩=日経Gooday

水中で顔は前ではなく底に向ける

 続いては、水中での姿勢の作り方だ。米国留学で最新の水泳理論を学んだ高橋監督は、「水に浮いている時の姿勢は、水面に対して平行になることが理想です」という。これを「フラット姿勢」と呼ぶが、この姿勢を作るにはコツがいる。

 「まずは手を頭の上に伸ばした状態で、水に浮いてみてください」と高橋監督。恐る恐る浮いてみると、どうしても足が沈み気味になってしまった。「特に筋肉質の男性は足が沈みやすいんですが、稲川さんはまだましなほうですよ」とフォローを入れてくださる高橋監督。

 前述したように、水中では空気をためた肺が“浮袋”となって体が浮く(その浮力の中心点を「浮心」と呼ぶ)。しかし、人間の重心はおへその2~3センチ下にある「丹田」のあたりにある。このため、胸のほうは浮くが、おへそから下は沈む状態になってしまう。

「浮心」と「重心」の位置
「浮心」と「重心」の位置
[画像のクリックで拡大表示]
「浮心」が胸にあるのに対して、「重心」はおへその2~3センチ下にある。このため、次第に足が沈んできてしまう。

 しかし、この状態で泳ぐと、水の抵抗を受けやすいため、進みにくいうえに疲れやすい。さらに、息継ぎもしにくいので、長い距離を泳ぎ続けられない。水泳の初心者に多く見られるという。

 こうした問題をどう解決すればいいのか。

 「では、顔の眉間を下に向けて、丹田に力を入れてみて下さい」と高橋監督。

「眉間」をプールの底に向けることを意識する
「眉間」をプールの底に向けることを意識する
[画像のクリックで拡大表示]

 意外なアドバイスを聞いて、思わず「ん?」と顔をしかめてしまった。「そう、今、しわができた眉間を下に向けるんです」と高橋監督が指を当てて教えてくれた。ここを下に向けるということは、つまりプールの底に顔を向けるわけだ。

 「丹田に力を」というのも難しい表現だが、「まずはおへその斜め下あたりを両手の指で押して、それを押し返すようにお腹に力を入れてください」と高橋監督。これは「腹圧を入れる」と表現されることもある。

腹圧の入れ方
おへその斜め下あたりを指先で押さえる。
おへその斜め下あたりを指先で押さえる。
[画像のクリックで拡大表示]
指を押し返すようにお腹に力を入れる。これが「腹圧」の入った状態。
指を押し返すようにお腹に力を入れる。これが「腹圧」の入った状態。
[画像のクリックで拡大表示]
下半身を浮かす練習に使う「プルブイ」
下半身を浮かす練習に使う「プルブイ」
[画像のクリックで拡大表示]
太ももの間に挟むと自然に下半身が浮き、フラット姿勢のコツをつかみやすい。

 何となくイメージできたので、水中で早速試してみた。言われてみると、これまで水中では前方を見て泳いでいたことに気付いた。最初はかなり違和感があるが、あたかも水中で足もとを覗きこむように、顔をグイッと下に向ける。続けて、お腹に力を入れる。「やや猫背気味にすると腹圧を入れやすいですよ」とさらにワンポイント・アドバイスが入る。

 確かにだいぶ足が浮いてきたが、まだちょっと沈んでいる。「上達を早めるには、感覚をつかむことが大切ですので、股の間にプルブイを挟んでみましょう」と高橋監督。プルブイとは、ビート板と同じ水に浮く素材でできた、弁当箱サイズの補助器具だ。これを併用しながら、前述のコツ「眉間を下に向ける」「丹田に力を入れる」の2つを意識するだけで、美しいフラット姿勢を作ることができた。プルブイは公共プールにも備えられていることが多いので、大いに活用してほしい。

美しいフラット姿勢
プルブイを足に挟んで、美しいフラット姿勢をイメージする。
プルブイを足に挟んで、美しいフラット姿勢をイメージする。
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.