日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 目一杯伸ばした腕で大きく半円を描く背泳ぎで25mを完泳  > 2ページ目

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

目一杯伸ばした腕で大きく半円を描く背泳ぎで25mを完泳

ボートを漕ぐイメージで水面付近をストローク

 稲川哲浩=日経Gooday

小指から静かに入水させて水面近くをかく

 タイミングが取れるようになってきたところで、次に水中での腕の形を改善するレッスンに移る。まずは前回のレッスンで学んだ2通りの入水の方法のうち、自分がやりやすかった小指からの入水を意識する。「初心者に多く見られる誤りは、(1)水しぶきがたくさんあがる、(2)入水の位置が定まらない、(3)肘が曲がってしまい頭のすぐ上で入水する、といった点です」と高橋監督。入水時に水しぶきがあがるとバチャバチャと優雅さに欠ける泳ぎになってしまい、美しい背泳ぎとは程遠くなってしまう。そのためにも小指からの入水が大切なのだ。

 水中で高橋監督から改めて手ほどきを受けた後、何回か繰り返すうちにできるようになった。「入水の位置は体に沿って肩を通るラインの延長線上を意識すれば、先にお伝えした(2)と(3)の誤りは直っていきます」(高橋監督)。

小指からの入水をプールで練習
[画像のクリックで拡大表示]
これができないと、水しぶきがあがった優雅さに欠ける泳ぎになってしまう。

 修正が終わると、水をかくストロークの動きの練習に進む。クロールと同様に背泳ぎでも、腕を伸ばしたまま単純にグルグルと回すのではなく、効率的に水をかく動作を行うのが理想的だ。初心者の自分はつい何となく水中の深いところをかいてしまっていたが、「正解は水面近くの浅いところを、手のひらを後方に向けて水を押し出す動きなんですよ」と高橋監督。

 「そんな浅いところをかいても進むんですか」と記者は高橋監督に疑問をぶつけてみた。すると、「ボート漕ぎでもオールは水面近くを動かすでしょう。オールで水中深くをかいても早く進むわけではなく、かえって動きの効率が悪くなるんです」(高橋監督)と教えてくれた。やってみると、水上を回す腕は縦の円運動なのに対して、水中をかく腕は体の横を沿って手のひらを後方へ送る動作になる。最初は混乱したが、手で半円を描くイメージを思い浮かべると、次第にできるようになっていった。

ボート漕ぎを意識したストローク
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
(1)~(4)入水した左腕は、深いところをかくのではなく、ボート漕ぎでオールを動かすように水面近くをかく。
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.