日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 大学最強水泳部の門をたたく  > 4ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

大学最強水泳部の門をたたく

 「パパの泳ぎってなんかぎこちないね」の一言に発奮

 稲川 哲浩=日経Gooday

しなやかで強いキックのためにはお尻ストレッチ

 お尻の大殿筋(だいでんきん)は、キックの際に必要な筋肉だ。「キックをしなやかに、力強くするためにストレッチが大切」という。これは椅子に座った状態で、下の写真のように片脚をもう一方の脚の上に乗せて、体を前傾させる。確かにお尻の筋肉に効いている。

お尻(大殿筋)のストレッチ
横から見たところ
前から見たところ
椅子に背を伸ばして座り、左膝を深く内側に曲げ、くるぶしを右膝の少し上に乗せる。次に、左膝を上から押すように上体を前屈する。左のお尻の周りに効いていればOK。この時、右の足先は正面を向けること。15秒キープしたら、足を組み変えて反対側も同様に行う。

 最後は股関節の動きをよくする腸腰(ちょうよう)筋のストレッチ。ここはキックの支点となる大切な箇所だ。「股関節からキックすることで柔らかなキックができるようになる」。このストレッチは、下の写真のように片膝を付いた状態で、もう一方の膝に荷重をかける。年を取るにつれて特に硬くなる箇所で、見た目以上につらく、全身のバランスも求められる。

股関節(腸腰筋)のストレッチ
(1)片脚の膝を地面につける
(2)腰を前に押し出す
(1)背すじを伸ばして左膝を床につき、右膝を90度に曲げる。両手は腰の高さで“小さく前にならえ”の形に。右膝と右足のつま先は正面を向ける。(2)手を右膝の上に乗せ、腰を前に最大まで押し出したら15秒キープ。脚を組み変えて反対側も同様に行う。

 ストレッチを本格的にチェックしていただくのは久しぶりだったが、カメラマンからも時折漏れる「動いてないなぁ、硬いなぁ」というため息にすっかり意気消沈。その気持ちが伝わってしまったのか、「きれいに泳ぐためだけでなく、けがを防止するためにも忘れないで」と監督に釘を刺された。

 日々のストレッチに励んでいると、1週間経った頃に、日常的に足が軽くなるなどの効果を感じられるようになってきた。ただ、体が軽くなったのはありがたい限りだが、一体いつになったらプールに入れるのやら…。

(次回は、「疲れ気味の体がよみがえる水中ウォーキングの力にビックリ!」の予定です)

(撮影:竹井俊晴)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.