日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの100m個人メドレーを何とか完泳!
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの100m個人メドレーを何とか完泳!

【最終回】平泳ぎの不調を乗り越え、苦手対策に励んだ背泳ぎに救われる

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできなかった状態から始めて、50歳目前の体にムチを打ちつつ、背泳ぎ、平泳ぎもマスター。いよいよ、最難関のバタフライ、そして夢の4泳法メドレーを完成させる日がやってきた。

 10mも進めなかったバタフライの教えを中央大学水泳部の高橋雄介監督から受けて、25m完泳のイメージがおぼろげながら見えてきた…。「キックとストローク、呼吸のタイミングが合えば、腕力のない小学生でもできてしまうんですよ」という高橋監督の一言を励みに、今回はバタフライの完成に向け、腕で水をかくストロークの指導を受ける。

ストロークは一気に、折り返しで親指は下

 まずは、ほかの泳法と同様にプールサイドで高橋監督にストロークの手本を見せてもらった。「初級者が注意すべき大切なポイントは、両腕を後方へ回して前方に戻す動きを一気に行うことです。前回に『イチ・ニー』『イチ・ニー』と2度打ちするキックを教えましたが、その『イチ』のタイミングで少しだけ手を下げて上げ、『ニー』のタイミングで一気に腕をグルっと回します。そうすることで、息継ぎのために顔を上げる勢いがつき、腕も前に戻りやすくなります」(高橋監督)。

 加えて、注意が必要なのは、腕を後方から前方へ切り返す際に、手首を内側に曲げて、親指を下側に向けることだ。「こうしないと、腕を回す際に肩を痛める恐れがあるので気をつけましょう」と高橋監督はアドバイスする。

高橋監督によるバタフライのストロークのお手本
(1)~(3)キックの『イチ』のタイミングに合わせて、少しだけ手を下げて上げる。これはリズムを取るのが目的の動作だ。(4)~(8)続く『ニー』のキックのタイミングで、腕を一気にグルっと回して入水する。腕を後ろから前へ切り返す(5)のタイミングでは、手首を内側へ曲げて、親指を下に向ける。(9)『イチ』の動きから繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]
高橋監督によるバタフライのストロークのお手本
プールサイドでの実演を横から見たところ。

 バタフライにおいて手のひらで水をかく軌道は、単純に体の両端を真っ直ぐかけばよい。高橋監督によると、水中でS字のような軌道をかく指導法もあるが、「どのようなレベルのスイマーでも、真っ直ぐかく『ストレートプル』がよい」という。

バタフライのストロークのコツと注意点
水中でS字をかく指導法もあるが、真っ直ぐかく「ストレートプル」のほうがよい。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.