日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの100m個人メドレーを何とか完泳!  > 3ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの100m個人メドレーを何とか完泳!

【最終回】平泳ぎの不調を乗り越え、苦手対策に励んだ背泳ぎに救われる

 稲川哲浩=日経Gooday

 「さぁ、100mメドレーいってみましょう!」と高橋監督の熱い声援がプールに響く。できればバタフライをもう少し自主練習してから臨みたかったが、諸般の事情により、残されたチャンスはこの日だけだった。100mメドレーはバタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの順に泳ぐ。高橋監督の指導を受ける前には25m泳げなかった、バタフライと背泳ぎからいきなり始まるわけだ…。

背泳ぎでペースを上げるも、平泳ぎであおり足に

 「まぁ、なるようになれだ!」と意を決してスタート。『イチ・ニー』『イチ・ニー』と心のなかでつぶやきながらバタフライで進みだす。しかし、100m最後まで持つだろうかという不安がどうしても頭をよぎり、先ほどのようには集中できない。「ん、なんか脚が沈んできたかな…。そういえば、『ニー』のタイミングからストロークが遅れてしまっているぞ」。この状況でよく気づいたな…と自分をほめつつ、手足のタイミングが合うように泳ぎを修正する。そうしているうちに25mに到達した。

 次は背泳ぎだ。前日に行った自主練習では、あまり細かいテクニックまではこなしきれていなかったので、注意するポイントを3つに絞っていた。視線は真上に、腕が真上を向いたタイミングで「パッ」「ハー」「ウン」の呼吸、ストロークは水際をかく、の3点だ。この割り切りが功を奏したのか、ペースが上がり、途中で水を飲み込むことなく、快調に25mに到達した。

 続いて平泳ぎ。自分の中では、ここが一番きつかった。もともとキックが下手でペースが遅いうえに、美しく見せるためのストレッチングタイムを長めにとるため、なかなか進まない。平泳ぎで15mほど進んだあたりで息苦しさを感じ、「もう、立っちゃおうか…」と頭がもうろうとしてきた。「でも、もう一度100m泳ぐのは、もっときついだろうな…」。その葛藤に揺れ動いているうちに、何とか25m泳げてしまった。

最後は2ビートのクロールで美しく?ゴール

 「ここまでくれば、何とかなるかも」。最後は比較的得意なクロールだ。玄人感満載のテクニックとして過去記事「ストロークとキックの動きをバッチリ同期」で紹介した2ビートキックのクロールで進む。ラストスパートでペースを上げたくなる気持ちをグッと抑えて、エレガントな泳ぎを意識する。ふと気がつくと、高橋監督が2ビートのクロールで並んで泳いでくれていた。

 そして、ついにゴール!

100mの個人メドレーを何とか完泳(前編)
最初のバタフライでは、途中で手足のタイミング合わせを忘れてしまったが、それに気づいて何とか修正。2つめの背泳ぎは、自己練習が功を奏し、快調なペースで泳ぐことができた。
100mの個人メドレーを何とか完泳(後編)
3つめは平泳ぎ。自分の中ではここが一番きつく、「もう、立っちゃおうか…」と弱気になる。最後は比較的得意なクロール。高橋監督が横で一緒に泳いで応援してくれた!

 「いやぁ~、おめでとう! 100m個人メドレーで完泳なんて、大したもんですよ。平泳ぎの途中であおり足になっちゃった時は、もうダメかと思ったけどね(笑)」と高橋監督から温かい言葉をいただく。まさか水泳嫌いの自分が本当にメドレーで完泳できるとは…。「泳げない人を泳げるようにする第一人者」という高橋監督の指導力に、改めて頭が下がる思いだった。

 実は平泳ぎの練習ではストロークのスナップをマスターすることに気を取られていて、キックにはあまり注意が向いていなかった。また、特に不得手な背泳ぎにより多くの練習時間を割いていた。いざ本番を終えてみると、背泳ぎのペースアップには大いに助けられ、甘く見ていた平泳ぎで足元をすくわれそうになった。やはり、練習は嘘をつかない…。

 もともと、水泳のレベルアップを決意したのは、小学生の息子の鼻を明かしてやりたいという切ない望みからだった。その息子は球技に熱中するあまり下半身が筋肉で重くなり、見事なカナヅチくんとなって苦しんでいるようだ。高橋監督に教わった数々のノウハウを、これからは息子にも伝えてあげようと思う。

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈NEW

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.