日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの100m個人メドレーを何とか完泳!  > 2ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの100m個人メドレーを何とか完泳!

【最終回】平泳ぎの不調を乗り越え、苦手対策に励んだ背泳ぎに救われる

 稲川哲浩=日経Gooday

水面間際の省力化ストロークで25mを完泳

 プールサイドでストロークのコツを教わり、まずはプールに入って立ちながらストロークの動きを練習する。腕を後方から前方へ切り返す際には、手首を内側に曲げて、親指を下側に向ける…。実際にこの動きをやろうとすると、これがなかなか難しい…。そこで、最初はゆっくりと手の動きを見て確認しながら、高橋監督のお手本を真似てみた。次第に慣れてきたら動きを速めていく。

 バタフライと聞くと、読んで字のごとく、鮮やかな蝶の羽根をイメージして、水上に出した腕を高く上げようとしてしまう。この動きは最初は何とかできても、何度も繰り返して泳ぎ続けるのは非常に難しい。そこで、「前方に腕を戻す際には、水面にギリギリ沿うような感じでいいですよ」と高橋監督のアドバイスが入った。自分では無様な泳ぎになってしまっている気がするが、他人から見ると意外とそれなりの格好に見えるらしい。「これなら、何とか25m続けられるかも…」と明るい気持ちになってきた。

プールに立ってストロークの練習
前方に腕を戻す際には、水面にギリギリ沿うような感じでいい。

 ストロークの動きがつかめてきたところで、足にフィンをつけて泳ぐ練習に進む。いよいよ、キックとストローク、呼吸のタイミングを水中で合わせた、“簡単バタフライ”の完成に挑むのだ。『イチ・ニー』『イチ・ニー』とタイミングを合わせることに注意して泳ぎ出したが、次第に脚が沈んでくる。どうやら息継ぎの際に顔を高く上げ過ぎていたようだ。「息継ぎの際には顔を上げるのではなく、アゴを軽く突き出すくらいが丁度良いですよ」と高橋監督。加えて高橋監督に下半身の沈み込みをその都度直してもらうことで、フラット姿勢の感覚が少しずつ身についてきた。

水中でバタフライのストロークの練習
息継ぎの際には顔を上げ過ぎず、アゴを軽く突き出すくらいになるよう注意する。

 バタフライの25m完泳に向けて高橋監督から最後にもらったアドバイスは、「ストロークでは無理に後方までかききらずに、途中で出してしまっても体はちゃんと進むんですよ」というものだった。これは「ハーフ・ストローク」と呼び、このようにストロークを省力化することで、初心者は泳ぐ距離を伸ばしやすくなる。

ハーフ・ストロークで泳ぎを省力化
ストロークでは無理に後方までかききらずに、腕を途中で出してよい。初心者は泳ぐ距離を伸ばしやすくなる。

 そして、泳ぎ方をおおむね体得したところで、足のフィンを外してバタフライの最終テスト。終盤はさすがに腕が上がりにくくなってきたが、水没することなく25mを完泳できた! しかし、この日はここで大喜びとはいかない…。続いて、4泳法でそれぞれ25mずつを泳ぐ100mメドレーへと進むのだ。

フィンを外してバタフライを完泳
終盤はさすがに腕が上がりにくくなってきたが、水没することなく25mを完泳できた!

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.