日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの100m個人メドレーを何とか完泳!  > 2ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの100m個人メドレーを何とか完泳!

【最終回】平泳ぎの不調を乗り越え、苦手対策に励んだ背泳ぎに救われる

 稲川哲浩=日経Gooday

水面間際の省力化ストロークで25mを完泳

 プールサイドでストロークのコツを教わり、まずはプールに入って立ちながらストロークの動きを練習する。腕を後方から前方へ切り返す際には、手首を内側に曲げて、親指を下側に向ける…。実際にこの動きをやろうとすると、これがなかなか難しい…。そこで、最初はゆっくりと手の動きを見て確認しながら、高橋監督のお手本を真似てみた。次第に慣れてきたら動きを速めていく。

 バタフライと聞くと、読んで字のごとく、鮮やかな蝶の羽根をイメージして、水上に出した腕を高く上げようとしてしまう。この動きは最初は何とかできても、何度も繰り返して泳ぎ続けるのは非常に難しい。そこで、「前方に腕を戻す際には、水面にギリギリ沿うような感じでいいですよ」と高橋監督のアドバイスが入った。自分では無様な泳ぎになってしまっている気がするが、他人から見ると意外とそれなりの格好に見えるらしい。「これなら、何とか25m続けられるかも…」と明るい気持ちになってきた。

プールに立ってストロークの練習
前方に腕を戻す際には、水面にギリギリ沿うような感じでいい。

 ストロークの動きがつかめてきたところで、足にフィンをつけて泳ぐ練習に進む。いよいよ、キックとストローク、呼吸のタイミングを水中で合わせた、“簡単バタフライ”の完成に挑むのだ。『イチ・ニー』『イチ・ニー』とタイミングを合わせることに注意して泳ぎ出したが、次第に脚が沈んでくる。どうやら息継ぎの際に顔を高く上げ過ぎていたようだ。「息継ぎの際には顔を上げるのではなく、アゴを軽く突き出すくらいが丁度良いですよ」と高橋監督。加えて高橋監督に下半身の沈み込みをその都度直してもらうことで、フラット姿勢の感覚が少しずつ身についてきた。

水中でバタフライのストロークの練習
息継ぎの際には顔を上げ過ぎず、アゴを軽く突き出すくらいになるよう注意する。

 バタフライの25m完泳に向けて高橋監督から最後にもらったアドバイスは、「ストロークでは無理に後方までかききらずに、途中で出してしまっても体はちゃんと進むんですよ」というものだった。これは「ハーフ・ストローク」と呼び、このようにストロークを省力化することで、初心者は泳ぐ距離を伸ばしやすくなる。

ハーフ・ストロークで泳ぎを省力化
ストロークでは無理に後方までかききらずに、腕を途中で出してよい。初心者は泳ぐ距離を伸ばしやすくなる。

 そして、泳ぎ方をおおむね体得したところで、足のフィンを外してバタフライの最終テスト。終盤はさすがに腕が上がりにくくなってきたが、水没することなく25mを完泳できた! しかし、この日はここで大喜びとはいかない…。続いて、4泳法でそれぞれ25mずつを泳ぐ100mメドレーへと進むのだ。

フィンを外してバタフライを完泳
終盤はさすがに腕が上がりにくくなってきたが、水没することなく25mを完泳できた!

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.