日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】記者が一番苦手なバタフライが実は「一番簡単」だった?!
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】記者が一番苦手なバタフライが実は「一番簡単」だった?!

キックと呼吸のタイミングを「イチ・ニー」で合わせて攻略へ

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを完成させることが目標だ。

 コーチ役をお願いした中央大学水泳部の高橋雄介監督に、クロール、背泳ぎ、平泳ぎの合格を何とかいただき、残るは最難関のバタフライのみとなった。水泳がもともと苦手な筆者は、バタフライを泳ぐことは夢のまた夢。高橋監督の指導を受けるまでは、10mもいかず無残に沈没してしまう有様だった。

 そんな筆者のぶざまなバタフライを見ても、ニコニコと余裕の構えを見せる高橋監督。「私がもともとバタフライの選手だったので指導が得意なこともありますが、実は4泳法の中で一番簡単なのがバタフライなんです。見た目から腕力が必要な泳ぎ方と思われがちですが、小学生の体力でもキックとストローク、呼吸のタイミングが合えばできてしまうんですよ」(高橋さん)。

 そうは言われても、正直なところ半信半疑な筆者…。それでも、高橋監督の自信みなぎる表情を信じてバタフライの教えを受け始めた。

キックは2度打ち、強弱つけて繰り返す

 バタフライのキックは両脚をそろえ、膝を軽く曲げてから足の甲で水を後方へ押し出すように脚を伸ばすことで、前方への推進力を生む。まずは、高橋監督のキックのお手本を見てみよう。

バタフライのキックのお手本
両脚をそろえ、膝を軽く曲げてから足の甲で水を後方へ押し出すように脚を伸ばす。ポイントは膝を曲げすぎず伸ばし過ぎないこと。曲げすぎるとキックのムダが大きくなり、伸ばし過ぎると脚を上手く動かせない。
[画像のクリックで拡大表示]

 「簡単にバタフライができるようになるための第一歩は、キックを『イチ・ニー』『イチ・ニー』と2度打ちを繰り返す形にして、『イチ』で軽く、『ニー』で強めにキックすることです」と高橋監督。バシャ、バシャと同じ強さでキックを続けるのではなく、強弱をつけて繰り返すということだ。(高橋監督の見本は3ページ目の動画を参照してほしい)

 このコツを頭に入れながら、プールに入り、足にミニフィンを付け、ビート板を持ちながらキックの指導を受けた。最初は顔を水につけず、ビート板の先端を両手で持った状態で、2度打ちのキックだけを繰り返す練習だ。どうしても脚が沈んでくるので、ビート板の先端に体重をかけるようにすると、水面と体が平行になるフラット姿勢に近づいてきた

 なお、足にミニフィンを付けるのは、これまでのレッスンと同様に、足のしなやかな動きを早く身につけ、推進力を高めてフラット姿勢を体、脳に覚えこませるためだ。フィンとビート板の助けがあれば、それほど難しい練習ではなかった。

ビート板とミニフィンを使ったキックの練習
ビート板の先端を両手で持ち、顔を水上に出した状態で、フラット姿勢を保つよう気をつけながら、『イチ・ニー』『イチ・ニー』と2度打ちのキックを繰り返す。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.