日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】記者が一番苦手なバタフライが実は「一番簡単」だった?!
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】記者が一番苦手なバタフライが実は「一番簡単」だった?!

キックと呼吸のタイミングを「イチ・ニー」で合わせて攻略へ

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを完成させることが目標だ。

 コーチ役をお願いした中央大学水泳部の高橋雄介監督に、クロール、背泳ぎ、平泳ぎの合格を何とかいただき、残るは最難関のバタフライのみとなった。水泳がもともと苦手な筆者は、バタフライを泳ぐことは夢のまた夢。高橋監督の指導を受けるまでは、10mもいかず無残に沈没してしまう有様だった。

 そんな筆者のぶざまなバタフライを見ても、ニコニコと余裕の構えを見せる高橋監督。「私がもともとバタフライの選手だったので指導が得意なこともありますが、実は4泳法の中で一番簡単なのがバタフライなんです。見た目から腕力が必要な泳ぎ方と思われがちですが、小学生の体力でもキックとストローク、呼吸のタイミングが合えばできてしまうんですよ」(高橋さん)。

 そうは言われても、正直なところ半信半疑な筆者…。それでも、高橋監督の自信みなぎる表情を信じてバタフライの教えを受け始めた。

キックは2度打ち、強弱つけて繰り返す

 バタフライのキックは両脚をそろえ、膝を軽く曲げてから足の甲で水を後方へ押し出すように脚を伸ばすことで、前方への推進力を生む。まずは、高橋監督のキックのお手本を見てみよう。

バタフライのキックのお手本
両脚をそろえ、膝を軽く曲げてから足の甲で水を後方へ押し出すように脚を伸ばす。ポイントは膝を曲げすぎず伸ばし過ぎないこと。曲げすぎるとキックのムダが大きくなり、伸ばし過ぎると脚を上手く動かせない。
[画像のクリックで拡大表示]

 「簡単にバタフライができるようになるための第一歩は、キックを『イチ・ニー』『イチ・ニー』と2度打ちを繰り返す形にして、『イチ』で軽く、『ニー』で強めにキックすることです」と高橋監督。バシャ、バシャと同じ強さでキックを続けるのではなく、強弱をつけて繰り返すということだ。(高橋監督の見本は3ページ目の動画を参照してほしい)

 このコツを頭に入れながら、プールに入り、足にミニフィンを付け、ビート板を持ちながらキックの指導を受けた。最初は顔を水につけず、ビート板の先端を両手で持った状態で、2度打ちのキックだけを繰り返す練習だ。どうしても脚が沈んでくるので、ビート板の先端に体重をかけるようにすると、水面と体が平行になるフラット姿勢に近づいてきた

 なお、足にミニフィンを付けるのは、これまでのレッスンと同様に、足のしなやかな動きを早く身につけ、推進力を高めてフラット姿勢を体、脳に覚えこませるためだ。フィンとビート板の助けがあれば、それほど難しい練習ではなかった。

ビート板とミニフィンを使ったキックの練習
ビート板の先端を両手で持ち、顔を水上に出した状態で、フラット姿勢を保つよう気をつけながら、『イチ・ニー』『イチ・ニー』と2度打ちのキックを繰り返す。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.