日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 美しい背泳ぎの第一歩、足首がしなる柔らかいキックに挑戦  > 2ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

美しい背泳ぎの第一歩、足首がしなる柔らかいキックに挑戦

額の上にゴーグルを載せたバタ足にも成功

 稲川哲浩=日経Gooday

最初は高橋監督の力を借り、浮くためのキックの練習

 高橋監督のような柔らかい足首の動きを真似するのは至難の業だが、まずは速く進もうとするのではなく、進みながら浮くためのキックを練習することになった。仰向けの状態で静止していると次第に沈んでいくので、浮き続けるために軽くキックを入れて推進力を加えるのが目的だ。

 高橋監督の模範演技を頭に入れてプールに入り、まずは水上で両腕を体側にそろえた状態で、足首を柔らかく動かすことに専念して、小さくキックする。それぐらいは簡単にできると思っていたが、泳ぎ始めの段階でフラットな姿勢を取るのが意外と難しく、脚が沈み気味になってしまい、足首の動かし方に気を配るどころではなかった。

 そこで、高橋監督が水に浮かんだ記者を進行方向へ押し出すことで、キックを打ち続けやすい体勢を作ってくれた。水上を進む勢いがつくと体が沈みにくくなるので、落ち着いて足首の力を抜いたキックの練習に専念できるようになった。これで次第に足首のスナップを利かせて水を後方に押し出すキックの感覚をつかめてきた。もし練習を手伝ってもらえるパートナーがいるようなら、初心者でも浮いた姿勢を維持しやすく、キックの練習に専念しやすいので、この練習方法をお勧めしたい。

高橋監督が記者を押し出して練習をサポート
[画像のクリックで拡大表示]
泳ぎ始めにフラット姿勢のバランスを取るのが難しいので、最初のうちはパートナーに浮いた体を進行方向へ押し出してもらうと、キックの練習をリラックスしてできる。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.