日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】「小さくかいて」「長く伸びる」 この2つで平泳ぎが見違える!
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】「小さくかいて」「長く伸びる」 この2つで平泳ぎが見違える!

「息継ぎが玄人っぽくなったねぇ」…カメラマンの一声に思わず涙

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 比較的楽に長距離を泳げる方法として愛好者の多い平泳ぎ。前回記事「「手のひらで“谷”と“山”」平泳ぎ独特の“水のかき方”を学ぶ」のレッスンでは、「スカーリング」という体をスムーズに進ませるための腕の動きを中央大学水泳部の高橋雄介監督に教わり、手のひらで水をとらえる感覚をつかんだ。今回は、このスカーリングを推進力の高いストロークへと発展させて、平泳ぎを完成させるのが目標だ。

ストロークは小さめにして肘を立てる

 “推進力の高いストロークへ”と聞くと、「手のひらで水をかく動作を大きくするのかな」と想像していたが、それは間違いだった。「ストロークの推進力を増すには、前に伸ばした両腕を広げ過ぎず、両手が視界に入るよう、両腕の開く角度を90~120度に抑えて小さめにかきます。そうすることにより、手のひらで水をしっかりとらえられるように、両腕の肘を立てやすくなります。これがポイントですね」(高橋監督)。

 実際にどうやればいいのか、高橋監督にプールサイドとプールでストロークの模範演技を実演してもらった。このポイントを頭に入れたうえで見てみよう。

平泳ぎのストロークの腕の動き
(1)キックの後、両腕を水中で真っ直ぐ前に伸ばした状態。(2)~(5)スカーリングのように、両方の手のひらを体の外側の斜め下に向けた状態で、真横ではなく斜め上へ向けて手を左右に広げていく。(6)両手が視界に入るギリギリのところで、肘を立てる(写真のように曲げる)。(7)~(9)手のひらや腕の内側を使い、水を逃さず抱え込むようにして、胸に向かってかく。(10)手首のスナップを利かせて、水を顎にむけて送り出す。(11)(12)息継ぎをして、両腕を前方へ伸ばす。
[画像のクリックで拡大表示]
高橋監督による平泳ぎのお手本
両腕のストロークの動きは小さめに抑え、肘をしっかりと立てたうえで、手のひらで力強く水をかくのがポイントだ。

 早速記者も高橋監督の見よう見まねでトライしてみた。水をかき始める際の手のひらの向きはすぐに正しくできたが、これまでは腕を後方へ動かす際に肘を伸ばしたまま、単純に手のひらで半円を描くようにしてしまっていた。この点を高橋監督に指摘され、両手を視界に入るギリギリのところまで開いたポイントで、しっかりと肘を立てるよう指導を受けた。

プールサイドでストロークのフォームを高橋監督に教わる
(1)水をかき始める際の手のひらの向きを、体の外側の斜め下に向ける。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)腕を後方へ動かす際に肘を伸ばしたままだった点を注意される。両手を視界に入るギリギリのところまで開いたポイントで、しっかりと肘を立てるように修正。
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.