日経グッデイ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】「小さくかいて」「長く伸びる」 この2つで平泳ぎが見違える!

「息継ぎが玄人っぽくなったねぇ」…カメラマンの一声に思わず涙

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 比較的楽に長距離を泳げる方法として愛好者の多い平泳ぎ。前回記事「「手のひらで“谷”と“山”」平泳ぎ独特の“水のかき方”を学ぶ」のレッスンでは、「スカーリング」という体をスムーズに進ませるための腕の動きを中央大学水泳部の高橋雄介監督に教わり、手のひらで水をとらえる感覚をつかんだ。今回は、このスカーリングを推進力の高いストロークへと発展させて、平泳ぎを完成させるのが目標だ。

ストロークは小さめにして肘を立てる

 “推進力の高いストロークへ”と聞くと、「手のひらで水をかく動作を大きくするのかな」と想像していたが、それは間違いだった。「ストロークの推進力を増すには、前に伸ばした両腕を広げ過ぎず、両手が視界に入るよう、両腕の開く角度を90~120度に抑えて小さめにかきます。そうすることにより、手のひらで水をしっかりとらえられるように、両腕の肘を立てやすくなります。これがポイントですね」(高橋監督)。

 実際にどうやればいいのか、高橋監督にプールサイドとプールでストロークの模範演技を実演してもらった。このポイントを頭に入れたうえで見てみよう。

平泳ぎのストロークの腕の動き
(1)キックの後、両腕を水中で真っ直ぐ前に伸ばした状態。(2)~(5)スカーリングのように、両方の手のひらを体の外側の斜め下に向けた状態で、真横ではなく斜め上へ向けて手を左右に広げていく。(6)両手が視界に入るギリギリのところで、肘を立てる(写真のように曲げる)。(7)~(9)手のひらや腕の内側を使い、水を逃さず抱え込むようにして、胸に向かってかく。(10)手首のスナップを利かせて、水を顎にむけて送り出す。(11)(12)息継ぎをして、両腕を前方へ伸ばす。
[画像のクリックで拡大表示]
高橋監督による平泳ぎのお手本
両腕のストロークの動きは小さめに抑え、肘をしっかりと立てたうえで、手のひらで力強く水をかくのがポイントだ。

 早速記者も高橋監督の見よう見まねでトライしてみた。水をかき始める際の手のひらの向きはすぐに正しくできたが、これまでは腕を後方へ動かす際に肘を伸ばしたまま、単純に手のひらで半円を描くようにしてしまっていた。この点を高橋監督に指摘され、両手を視界に入るギリギリのところまで開いたポイントで、しっかりと肘を立てるよう指導を受けた。

プールサイドでストロークのフォームを高橋監督に教わる
(1)水をかき始める際の手のひらの向きを、体の外側の斜め下に向ける。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)腕を後方へ動かす際に肘を伸ばしたままだった点を注意される。両手を視界に入るギリギリのところまで開いたポイントで、しっかりと肘を立てるように修正。
[画像のクリックで拡大表示]

ストロークの最後は手首のスナップを利かせて前進

 続いては、プールに入って、平泳ぎのレッスンを受ける。プールサイドでのレッスンで注意された、肘を立てる点に注意しながら泳いでみた。ここまでは何とかなりそうだ。

水中で平泳ぎのストロークを実践
手のひらを後方へ送り出す際に、肘を立てる点を注意する。
[画像のクリックで拡大表示]

 難しいのは、手を胸に近づけ、手首のスナップを利かせるという行程だ。「手首のスナップを利かせながら、胸に向かってかいた手のひらを水面の方向にクルッと裏返す動きを利用して、体(胸)を前方にひと伸びさせるイメージです」と高橋監督。

 この動きを言葉の説明だけで理解するのは難しいと思うので、高橋監督の指導風景を収めた、以下のビデオを参考にしてほしい。慣れない動きなので最初は戸惑うが、何回か立ち姿勢での練習を繰り返していると、コツがつかめてくる。

平泳ぎのストロークにおける手首のスナップの指導
ストロークで体の後方にかいた手を胸に近づける際には、脇をしめて、手のひらを水面の方向にクルッと裏返す動きであごに水をかけるように、手首のスナップを利かせる。

 この手首のスナップを利かせる動きは、あごに水をかけること自体が推進力を生むわけではないが、ストロークの最終行程で腕を前方へ伸ばす際に、体(胸)を前方に押し出すためのきっかけになる。スナップのタイミングで体を前方にひと伸びさせる意識を持つと、確かに推進力が増すような気がした。

泳ぎながら手首のスナップを実践
手首のスナップをきっかけとして、両腕を前に伸ばし、前方への勢いを作る。
[画像のクリックで拡大表示]

腕と脚を真っ直ぐに伸ばした状態を長くキープ

 ストロークができたら、最後は格好いい平泳ぎにするための仕上げのテクニックだ。「美しい平泳ぎにするために最も大事なことは、腕と脚を真っ直ぐに伸ばした状態(ストレッチングタイム)を長くキープすることです。お勧めなのは、体を伸ばしてから、『ワンサウザン、ツーサウザン、スリーサウザン』と唱えてから呼吸することです」(高橋監督)

 早速ストレッチングタイムを長くとる泳ぎ方をやってみたが、記者はキックの推進力が少ないほうなので、スピードは遅くなってしまった…。「まずは美しく泳ぐことが目的なので、遅くなるのは仕方ありません。初心者のうちは、競泳選手のような速いリズムでなく、25mで2ストローク減らすつもりでストレッチングタイムを長くして下さい」(高橋監督)。

平泳ぎのストレッチングタイムを長くとる練習
初心者のうちは、25mで2ストローク減らすつもりで、ストレッチングタイムを長くとる。

 初心者が速く進もうとしてストレッチングタイムを短くすると、たいていは泳ぎが格好悪くなる。その様子を高橋監督が実演してくれたのが、以下のビデオである。

高橋監督による格好悪い平泳ぎの例
初心者が速く進もうとしてストレッチングタイムを短くすると、たいていは泳ぎが格好悪くなる。

 記者がストレッチングタイムを長くする練習をやっていて気がついたのは、泳ぎのフラット姿勢をキープしやすいメリットがあるという点である。息継ぎの際に頭を上げると、上体が起きるので、どうしても脚が沈んでしまう。それでも、息継ぎの後でしっかり息を止め、ストレッチングタイムを長くとっていると、脚が浮かんできて水面と平行なフラット姿勢に戻ってくる。そうすると、次のストロークでの推進力が増し、息継ぎも楽なので、長く泳ぎ続けやすくなるのだ。

 この泳ぎ方を何度か繰り返し練習していると、キックにおいて、足の裏でしっかり水を蹴ろうという意識が高まってきたためか、徐々にスピードも上がってきた。

 そして、いよいよ迎えた平泳ぎの最終テスト。記者が泳いでいる間に高橋監督から、「伸びる! そう、いいね~」といった励ましの声をもらいながら、25mを無事完泳。ビデオ撮影のカメラマンからは、「いや~、息継ぎのときの格好が玄人っぽくなったねぇ~」との感想をもらった。クロール、背泳ぎに続き、高橋監督が当初心配していた平泳ぎも何とかパスできた。

平泳ぎの最終テストに何とか合格
腕のストロークをコンパクトに、ストレッチングタイムを長く取った平泳ぎで25mを無事完泳。高橋監督の合格を何とか頂いた。

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。