日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】「小さくかいて」「長く伸びる」 この2つで平泳ぎが見違える!  > 2ページ目

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】「小さくかいて」「長く伸びる」 この2つで平泳ぎが見違える!

「息継ぎが玄人っぽくなったねぇ」…カメラマンの一声に思わず涙

 稲川哲浩=日経Gooday

ストロークの最後は手首のスナップを利かせて前進

 続いては、プールに入って、平泳ぎのレッスンを受ける。プールサイドでのレッスンで注意された、肘を立てる点に注意しながら泳いでみた。ここまでは何とかなりそうだ。

水中で平泳ぎのストロークを実践
手のひらを後方へ送り出す際に、肘を立てる点を注意する。
[画像のクリックで拡大表示]

 難しいのは、手を胸に近づけ、手首のスナップを利かせるという行程だ。「手首のスナップを利かせながら、胸に向かってかいた手のひらを水面の方向にクルッと裏返す動きを利用して、体(胸)を前方にひと伸びさせるイメージです」と高橋監督。

 この動きを言葉の説明だけで理解するのは難しいと思うので、高橋監督の指導風景を収めた、以下のビデオを参考にしてほしい。慣れない動きなので最初は戸惑うが、何回か立ち姿勢での練習を繰り返していると、コツがつかめてくる。

平泳ぎのストロークにおける手首のスナップの指導
ストロークで体の後方にかいた手を胸に近づける際には、脇をしめて、手のひらを水面の方向にクルッと裏返す動きであごに水をかけるように、手首のスナップを利かせる。

 この手首のスナップを利かせる動きは、あごに水をかけること自体が推進力を生むわけではないが、ストロークの最終行程で腕を前方へ伸ばす際に、体(胸)を前方に押し出すためのきっかけになる。スナップのタイミングで体を前方にひと伸びさせる意識を持つと、確かに推進力が増すような気がした。

泳ぎながら手首のスナップを実践
手首のスナップをきっかけとして、両腕を前に伸ばし、前方への勢いを作る。
[画像のクリックで拡大表示]
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.