(2)腕を後方へ動かす際に肘を伸ばしたままだった点を注意される。両手を視界に入るギリギリのところまで開いたポイントで、しっかりと肘を立てるように修正。

記事に戻る