日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 【動画で納得】「小さくかいて」「長く伸びる」 この2つで平泳ぎが見違える!  > 3ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

【動画で納得】「小さくかいて」「長く伸びる」 この2つで平泳ぎが見違える!

「息継ぎが玄人っぽくなったねぇ」…カメラマンの一声に思わず涙

 稲川哲浩=日経Gooday

腕と脚を真っ直ぐに伸ばした状態を長くキープ

 ストロークができたら、最後は格好いい平泳ぎにするための仕上げのテクニックだ。「美しい平泳ぎにするために最も大事なことは、腕と脚を真っ直ぐに伸ばした状態(ストレッチングタイム)を長くキープすることです。お勧めなのは、体を伸ばしてから、『ワンサウザン、ツーサウザン、スリーサウザン』と唱えてから呼吸することです」(高橋監督)

 早速ストレッチングタイムを長くとる泳ぎ方をやってみたが、記者はキックの推進力が少ないほうなので、スピードは遅くなってしまった…。「まずは美しく泳ぐことが目的なので、遅くなるのは仕方ありません。初心者のうちは、競泳選手のような速いリズムでなく、25mで2ストローク減らすつもりでストレッチングタイムを長くして下さい」(高橋監督)。

平泳ぎのストレッチングタイムを長くとる練習
初心者のうちは、25mで2ストローク減らすつもりで、ストレッチングタイムを長くとる。

 初心者が速く進もうとしてストレッチングタイムを短くすると、たいていは泳ぎが格好悪くなる。その様子を高橋監督が実演してくれたのが、以下のビデオである。

高橋監督による格好悪い平泳ぎの例
初心者が速く進もうとしてストレッチングタイムを短くすると、たいていは泳ぎが格好悪くなる。

 記者がストレッチングタイムを長くする練習をやっていて気がついたのは、泳ぎのフラット姿勢をキープしやすいメリットがあるという点である。息継ぎの際に頭を上げると、上体が起きるので、どうしても脚が沈んでしまう。それでも、息継ぎの後でしっかり息を止め、ストレッチングタイムを長くとっていると、脚が浮かんできて水面と平行なフラット姿勢に戻ってくる。そうすると、次のストロークでの推進力が増し、息継ぎも楽なので、長く泳ぎ続けやすくなるのだ。

 この泳ぎ方を何度か繰り返し練習していると、キックにおいて、足の裏でしっかり水を蹴ろうという意識が高まってきたためか、徐々にスピードも上がってきた。

 そして、いよいよ迎えた平泳ぎの最終テスト。記者が泳いでいる間に高橋監督から、「伸びる! そう、いいね~」といった励ましの声をもらいながら、25mを無事完泳。ビデオ撮影のカメラマンからは、「いや~、息継ぎのときの格好が玄人っぽくなったねぇ~」との感想をもらった。クロール、背泳ぎに続き、高橋監督が当初心配していた平泳ぎも何とかパスできた。

平泳ぎの最終テストに何とか合格
腕のストロークをコンパクトに、ストレッチングタイムを長く取った平泳ぎで25mを無事完泳。高橋監督の合格を何とか頂いた。

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.