日経グッデイ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストロークとキックの動きをバッチリ同期

シュワーシュワーと水を切る、2ビートのクロールをマスターする

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 クロールを美しく見せるためには、当初学んだ泳ぐ姿勢や、前回マスターした「リリース」「リカバリー」のようにフォームを整えることが大切だが、加えて泳ぎのリズムも欠かせない要素となる。美しいクロールの完成に向けて、中央大学水泳部の高橋雄介監督から今回学ぶのは、腕(ストローク)と脚(キック)の同期(タイミング)である。

 恐らく水泳をきちんと習ったことのある人でなければ、腕と脚を一定のタイミングで同期させるとは、考えてみたことすらないのではないか。記者も例外ではなく、腕のストロークをしながら、脚はバタ足をひたすらバチャバチャとし続けるものだと思っていた。しかし、「そうした泳ぎ方では美しくないばかりか、スピードも上がっていかない」と高橋監督はいう。

長距離をゆっくり泳ぐには「2ビート」でキック

 「クロールの主なキックには、長い距離を泳ぐのに向く『2ビート』と、短距離で速く泳ぐのに効果的な『6ビート』があります」(高橋監督)。「これはドラムの話か」と思ってしまったが、片腕でストロークする間に片脚で1回キックを入れるのが2ビートで、3回入れると6ビートになる。

 きちんとしたタイミングの取り方を教わる前に記者の泳ぎを高橋監督に見てもらったところ、「8ビートになってますね」と指摘された。実際は何も考えずに細かくバタ足をしていただけだったが、片腕1回のストロークの間に4回のキックが入っていたようだ。この状態から、今回はスピードアップではなく、美しいクロールを目指すということで、2ビートの方法を教わることになった。

 まずは高橋監督の泳ぎを拝見する。記者の泳ぎでは細かいバタ足のバチャバチャした音しか聞こえてこないが、高橋監督の泳ぎでは1回のストロークごとに“シュワー、シュワー”という小気味良いキックの音が聞こえてくる感じだ。腕と脚のタイミングの合わせ方は、下の写真のようになる。 

高橋監督の「2ビートで」タイミングを取ったクロール
左手が入水すると、右手はストロークで水をかく「パワーポイント」の位置にある。このタイミングで右脚を下向きの方向にキックする。
[画像のクリックで拡大表示]
左の写真とは逆の動きになる。
[画像のクリックで拡大表示]

プールサイドでタイミングの取り方を練習

 腕と脚のタイミングをいきなり水中で合わせるのは至難の業のように思えた。「まずはプールサイドでストロークとキックのタイミングの取り方をシミュレーションしてみましょう」(高橋監督)ということになった。

プールサイドでタイミングの取り方をシミュレーション
(1)右腕は入水したイメージで上に伸ばし、左腕は水中でキャッチからストロークに入るイメージで肘を曲げる(立てる)。このタイミングで左足を前方に(水中では上から下に)キックし始める。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)左腕のストロークを行いながら、左脚のキックも終える。
[画像のクリックで拡大表示]
(3)戻した左脚で立ち、(1)と左右逆の動作に入る。
[画像のクリックで拡大表示]
(4)右腕のストロークを行いながら、右脚のキックも終える。
[画像のクリックで拡大表示]

 この際、「入水した腕と逆側の脚でキックしてタイミングを合わせてもいいし、同じ側の脚でキックして合わせてもいいです。どちらもやることは同じですが、両方試してみて、しっくりくる方法を使うとよいでしょう」と高橋監督。記者もこのプールサイドでのシミュレーションをやってみたが、これは比較的簡単にできるようになった。

ストロークの腕と同じ側でキックを合わせる

 続いてプールに入り、まずは入水した腕と逆側の脚のキックのタイミングを合わせる方法を試すことにした。しかし、水中で実際に泳いでみると、シミュレーションの感覚とは大違い。本来のキックとは真逆の動きをしてしまったのだ。左腕の入水と同時に右脚を下向きへキックしなければいけないところを、上向きにキックしてしまっていた。前日に予習のつもりでやったプールでのトレーニングから、キックする方向を逆にしており、その癖が付いてしまっていたのだ。一度付いた癖を直すのは大変なことだった。

記者の泳ぎはキックの向きが逆になってしまっていた
(1)左腕の入水と同時に右脚を下向きへキックしなければいけないところを、上向きにキックしてしまっている。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)逆側の動きでも、キックの向きが逆になっている。なお、体の姿勢を保ちやすく、腕と足のタイミングの練習に集中しやすいという理由から、足にはミニフィンを付けている。
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、高橋監督が矯正に乗り出した。何と水中で記者の足首をつかみ、クロールの進行に合わせながら、ちょうど良いタイミングで足の上げ下げを行ってくれた。文字通り手取り足取りの指導を受け、体が何となくタイミングをつかめたような気になってきた。しかし、完全にタイミングが合う状態までには至らなかった。

高橋監督が記者の足首をつかみながら調度良いキックのタイミングを教えてくれた。
[画像のクリックで拡大表示]
左腕の入水と右脚のキックのタイミングが合いかけてきたが、右腕のストロークが先に進みすぎており、まだ完全には合っていない。
[画像のクリックで拡大表示]

ストロークを行う腕と同じ側の脚でキックする意識で成功

 その後、高橋監督から、「今度は、ストロークを行う腕と同じ側の脚でキックするという意識でタイミングを合わせる方法を試してみましょう」とのアドバイスが。すると、こちらの感覚の方が記者にはしっくり馴染んだようで、タイミングが合うようになってきた。これは、過去記事「水中ウォーキングで体がよみがえる」で紹介した「なんば歩き」と同様に、同じ側の腕(ストローク)と脚(キック)の動きを同期させることで「ストロークとキックの推進効率を高めやすい体の動き」(高橋監督)なのだ。

[画像のクリックで拡大表示]
フィンを付けた状態で2ビートのタイミングがぴったりに

 同期の感覚がつかめるようになれば、後は練習を重ねるのみ。最終テストの結果は下の写真の通りで、無事に2ビートのタイミングをマスターできた。高橋監督の「OK!バッチリです!」の言葉もうれしかったが、カメラマンから「泳ぎの音がシュワーシュワーに変わりましたね」との感想をもらい、泳ぎが変わったことを実感。これまでで最高の達成感を味わい、早く誰かに披露してみたいなという気分になった。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
フィンを外し、2ビートのタイミングでのクロールが無事完成

次回は背泳ぎの姿勢とキックを学びます

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。