日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > ストロークとキックの動きをバッチリ同期  > 4ページ
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストロークとキックの動きをバッチリ同期

シュワーシュワーと水を切る、2ビートのクロールをマスターする

 稲川哲浩=日経Gooday

ストロークを行う腕と同じ側の脚でキックする意識で成功

 その後、高橋監督から、「今度は、ストロークを行う腕と同じ側の脚でキックするという意識でタイミングを合わせる方法を試してみましょう」とのアドバイスが。すると、こちらの感覚の方が記者にはしっくり馴染んだようで、タイミングが合うようになってきた。これは、過去記事「水中ウォーキングで体がよみがえる」で紹介した「なんば歩き」と同様に、同じ側の腕(ストローク)と脚(キック)の動きを同期させることで「ストロークとキックの推進効率を高めやすい体の動き」(高橋監督)なのだ。

[画像のクリックで拡大表示]
フィンを付けた状態で2ビートのタイミングがぴったりに

 同期の感覚がつかめるようになれば、後は練習を重ねるのみ。最終テストの結果は下の写真の通りで、無事に2ビートのタイミングをマスターできた。高橋監督の「OK!バッチリです!」の言葉もうれしかったが、カメラマンから「泳ぎの音がシュワーシュワーに変わりましたね」との感想をもらい、泳ぎが変わったことを実感。これまでで最高の達成感を味わい、早く誰かに披露してみたいなという気分になった。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
フィンを外し、2ビートのタイミングでのクロールが無事完成

次回は背泳ぎの姿勢とキックを学びます

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.