日経グッデイ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ゆったりとしたリカバリーで優雅なクロールに進化

手首の力を抜き、肩甲骨の可動域を高める

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 クロールを美しく見せるためのハイライトとも言える「リリース」「リカバリー」。前回(「美しいクロールのハイライト、水上で腕を戻す動きを学ぶ」を参照)のレッスンでは、腕を水中から水上に出して前に戻すこの行程を、中央大学水泳部の高橋雄介監督に教わった。プールサイドで腕の動きを模倣する“シャドウスイミング”では、肩甲骨を内側に寄せて進行方向へずらす動きを行うのに四苦八苦。しかし、プールに入り、ビート板で左腕を支えながら右腕だけでストロークを行う練習に進むと、肩甲骨がスムーズに動くようになってきた。そのコツは、リカバリーの際に体を少し横に傾けることだった。

 「今回はビート板を使わずに泳いでもらいますが、ちょっと複雑なリリース、リカバリーの動きのポイントを今一度整理しておきましょう。まずは腕を動かそうとするのではなく、肩甲骨を内側に寄せて上げる動きを主導に、指先や手首の力を抜くこと。そうすると、自然に指先は後ろ(進行方向の逆)を向き、親指が下側に来るはずです」(高橋監督)

リリース、リカバリーの動きのポイント
[画像のクリックで拡大表示]
(1)肩甲骨主導で手の力を抜き、ポケットから手を出すように「リリース」。(2)水上で腕を戻す行程では肘を立て、手は脱力した状態をキープ。(3)指先は後ろ(進行方向の逆)を向き、親指が下側に来る。(4)~(6)腕が前側に来たら、入水に備えて指先を前方に向けていく。

 「さあ、いよいよ実戦だ」と記者が気合いを入れたところで、「いえいえ、次はミニフィンを足に付けてやってみましょう」と高橋監督に待ったをかけられてしまった。腕の動きの練習なのに、なぜミニフィンを使うのかと思ったが、フィンを使うと進みやすくなるので、その分だけ腕の動きに集中できるのがその理由だった。

 実際にビート板なしでやってみると、体の向きのバランスを取りにくくなるため、そこに気を取られて、腕の動きに集中しにくい。自分のフォームを見直すと、指先の向きはまずまずなのだが、リカバリーで肘を曲げる(立てる)ことを忘れてしまい、美しさや力強さが感じられなかった。こうした点を意識しながら、肩甲骨主導でのリカバリーを体で覚えるため、練習を重ねた。

ミニフィンを足につけて右腕だけのストローク
[画像のクリックで拡大表示]
(1)(2)リリースまでは何とかできた…。(3)リカバリーの指先の向きはOKだが、肘が曲がって(立って)いないので、見た目が美しくない。(5)(6)入水の形はまあまあか。

利き腕でない左腕のコントロールに苦労

 続いては、ミニフィンを付けたままで、両腕のストロークを行う練習に移った。右腕のストロークは次第に様になってきたが、記者は右利きなので、左腕で細かい動きを行うのは苦手だ。最初のうちは、左の肩甲骨の動きがぎこちなく、左肘を曲げる(立てる)タイミングが遅れ気味だった。

 「右に比べて左の手首にまだ少し力が入っているようです。もっと手首の力を抜きましょう。手首の動きが硬いとリカバリーの動き全体が硬くなってしまいます」と高橋監督にアドバイスを頂く。改めて指先に意識を向けすぎず、手首をぶらぶらさせるようなつもりで、力を抜いてみた。

ミニフィンを付けて両腕のストローク
[画像のクリックで拡大表示]
(2)左腕はまだ肩と肘の動きが硬く、肘を曲げる(立てる)のが遅い。(3)指と手首の力は抜けてきた。(5)(6)ここからは指先をそろえないといけないが、脱力して指の間が空いたままになってしまった。(8)右肩は良く動くようになってきた。(9)右腕の指の向き、手首の柔らかさともに改善されてきた。(12)右腕は入水に向けた指先の意識もまずまずだった。

 この練習も3~4回繰り返したところで、ミニフィンを外して、リリース、リカバリーの最終テストとなった。結果は下の写真の通り。ぎこちなかった左腕のリカバリーもそこそこ改善され、「OK!しっかり力が抜けた、いいリカバリーでしたよ!」と高橋監督の合格を無事頂戴できた。

ミニフィンを外して、リカバリーの最終テスト
[画像のクリックで拡大表示]
(1)~(3)右腕は肩の動き、リカバリーでの力の抜き加減、入水への切り替えともに、まずまずの出来。(4)~(6)課題だった左の肩、腕の硬さも取れてきて、入水時の指先も揃ってきた。

 肩甲骨を使った大きなリカバリーをマスターするには、やはり普段から肩甲骨を動かすエクササイズを重ねておくことが大切だ。記者もまだまだ不足しているが、最低でもレッスンの2~3日前からはエクササイズをやるようにしている。そのうえで、力の抜き方と、横方向へ適度に体を傾けるコツを飲み込めば、体が凝り固まった中高年男性でも何とかなるのかなと感じた1日だった。もちろん高橋監督の教えがあってこそではあるが…。

 次回は、腕のストロークと脚のキックのタイミングの取り方を学びます。

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。