日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > ゆったりとしたリカバリーで優雅なクロールに進化  > 2ページ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ゆったりとしたリカバリーで優雅なクロールに進化

手首の力を抜き、肩甲骨の可動域を高める

 稲川哲浩=日経Gooday

 実際にビート板なしでやってみると、体の向きのバランスを取りにくくなるため、そこに気を取られて、腕の動きに集中しにくい。自分のフォームを見直すと、指先の向きはまずまずなのだが、リカバリーで肘を曲げる(立てる)ことを忘れてしまい、美しさや力強さが感じられなかった。こうした点を意識しながら、肩甲骨主導でのリカバリーを体で覚えるため、練習を重ねた。

ミニフィンを足につけて右腕だけのストローク
[画像のクリックで拡大表示]
(1)(2)リリースまでは何とかできた…。(3)リカバリーの指先の向きはOKだが、肘が曲がって(立って)いないので、見た目が美しくない。(5)(6)入水の形はまあまあか。

利き腕でない左腕のコントロールに苦労

 続いては、ミニフィンを付けたままで、両腕のストロークを行う練習に移った。右腕のストロークは次第に様になってきたが、記者は右利きなので、左腕で細かい動きを行うのは苦手だ。最初のうちは、左の肩甲骨の動きがぎこちなく、左肘を曲げる(立てる)タイミングが遅れ気味だった。

 「右に比べて左の手首にまだ少し力が入っているようです。もっと手首の力を抜きましょう。手首の動きが硬いとリカバリーの動き全体が硬くなってしまいます」と高橋監督にアドバイスを頂く。改めて指先に意識を向けすぎず、手首をぶらぶらさせるようなつもりで、力を抜いてみた。

ミニフィンを付けて両腕のストローク
[画像のクリックで拡大表示]
(2)左腕はまだ肩と肘の動きが硬く、肘を曲げる(立てる)のが遅い。(3)指と手首の力は抜けてきた。(5)(6)ここからは指先をそろえないといけないが、脱力して指の間が空いたままになってしまった。(8)右肩は良く動くようになってきた。(9)右腕の指の向き、手首の柔らかさともに改善されてきた。(12)右腕は入水に向けた指先の意識もまずまずだった。
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.