日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > 美しいクロールのハイライト、水上で腕を戻す動きを学ぶ  > 3ページ目
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

美しいクロールのハイライト、水上で腕を戻す動きを学ぶ

力を抜き肩甲骨主導で腕を戻すことがコツだった

 稲川哲浩=日経Gooday

リカバリーで体を少し横に傾けてもOK

 さっそくプールに入り、左腕をビート板に乗せた状態で立ちながら、右腕のリリース、リカバリーを教えてもらった。まずは正しいフォームを体で覚えるため、高橋監督に手を取ってもらいながら、記者がプールサイドでの練習で間違っていた腕の動きを矯正していった。「指先の向きに強く注意が行ってしまうと、どうしても力が入ってしまいます。最初にお伝えしたように、肩甲骨を下から上に動かす動きを起点として、それから肩、肘、手首、指の順に腕を動かしていきましょう」(高橋監督)。

ビート板で左腕を支え、リリース、リカバリーの指導を受ける
[画像のクリックで拡大表示]
(1)ポケットから手を出すようなリリースに矯正。(2)指先が後ろを、親指が下を向くように矯正。(3)肘を曲げたリカバリーに矯正。

 続いては、左腕をビート板に乗せた状態で泳ぎながらリリース、リカバリーの練習をした。水をかくストロークの後で力を抜き、肩甲骨の動きを意識することで、リリースの動きは力むことなくできるようになった。これはまあ何とかなる。

 難しいのは腕を前に戻すリカバリーの動きだ。「リカバリーの行程でも、胸はプールの底を向いた状態をなるべく保つのが理想的です。体が横に大きく傾いてしまうと、体が左右にくねって(ローリング)、前に進みにくくなってしまうのです」(高橋監督)。しかし、肩甲骨の動きが硬い記者がリカバリーで高橋監督のような動きを行おうとすると、少しは体を横に傾けないとうまくいかなかった。プールサイドでは体を横に傾けにくいので動きが硬くなってしまうが、水中に浮いた状態で練習すると比較的スムーズに肩甲骨を動かせた気がした。

 「まあ、一般のスイマーでこの程度の傾きであれば大きな問題はないでしょう」(高橋監督)と及第点を頂き、このフォームで練習を続けることにした。

水中でビート板を使ってリカバリーの練習
[画像のクリックで拡大表示]
水に浮かびながら、腕を回す際に少し体を横に傾けると、肩甲骨が比較的スムーズに動いた。ただし、過度に傾けると、前に進みにくくなってしまうので注意が必要だ。

(次回はビート板を外して、リリース、リカバリーのマスターを目指します)

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.