日経グッデイ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストレートプルのストロークをプールで実践

複雑な腕の動きの習得に四苦八苦

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 クロールにおいて腕で水をかくストロークの動きは、プールサイドにいる人からは見えにくいが、前進する勢いや方向を決める大事なもの。このため、泳ぎの美しさにも大きな影響を与える。今回は中央大学の高橋雄介監督の指導を受け、手のひらを常に進行方向とは逆の真後ろに向けた状態で水をかく「ストレートプル」を修得することを目指した。

 前回(「クロールのストロークの動きをスカーリングで学習」)のレッスンでは、こうしたストロークの腕の動きをマスターするためのドリルである3種類の「スカーリング」の動きをプールサイドで教わった。今回はこのドリルをプールの中で練習する。

なぜか指の間が開いてしまう…

 まずは、「キャッチ」直後のストロークの感覚を修得する「フロントスカーリング」からだ。前回プールサイドで練習した際には、水をかくために手を後方に動かそうとすると、肘が下がってしまった。そこで、「肘を高く保ち、肘から先しか後方へ動かさないように」と高橋監督から注意を受けていた。

 その点を注意しながらプールでスカーリングを行ったが、肘の動きに気を取られすぎ、なぜだか指の間が開いてしまった。これでは推進力が損なわれてしまうため、指の間を閉じて、つかんだ水を逃さないように気を付けた。

フロントスカーリング
[画像のクリックで拡大表示]
「キャッチ」直後のストロークの感覚を修得するスカーリング。腕の動きに集中するため、股の間にプルブイをはさみ、脚が浮きやすい状態でレッスンを受けた。肘の高さを変えない点に気を取られすぎ、なぜだか指の間が開いてしまった。

グキッ! 「あいたたた~」

 続いては、手のひらが肩の前方から後方まで移る「ミッドスカーリング」だ。ここでは、腕が真下の状態(プールの底に対して垂直)より後方に移ると、手首を反らせるような形にするのがポイント。だが、ストロークで腕を回しながら、手首の曲げ方を変えていくというのはかなり難しい動きだった。「はい、手首はここまで反らせてね~」(高橋監督)。「(グキッ)あいたたた~」(記者)。水中で高橋監督の力強い矯正指導を受け、練習を繰り返すことで、次第に形ができてきた。

高橋監督から手首を反らせる動きを教わる
ストロークの後半では、腕が肩の真下より後方に移った位置で、手首を曲げた状態から反らせる。
[画像のクリックで拡大表示]
ミッドスカーリング
手のひらが肩の前方から後方まで移るスカーリング。肘を立てたまま、手のひらで力強く水を後方へ押し込むように気を付けた。
[画像のクリックで拡大表示]

 最後は、手のひらが肩の後方へ移った位置での「フィニッシュスカーリング」だ。ストロークでかいた腕を伸ばし手首を反らせた状態から水を後ろに押し出す。ここも進行方向の逆に向けた状態をキープしなければならない。「かいている水を最後の一滴まで後ろに押し出す感覚ですよ」と高橋監督にアドバイスをもらった。

フィニッシュスカーリング
[画像のクリックで拡大表示]
手のひらが肩の後方へ移った位置でのスカーリング。記者の癖で手のひらが体の方にねじれてしまったが、ここも進行方向の逆に向けた状態をキープしなければならない。

ストロークの前のキャッチで腕をいったん止める

 3種類のスカーリングを繰り返したところで、これらを連続して行う練習に進んだ。これまで学んできた「入水」「ストレッチングタイム」「キャッチ」「ストローク」の動きをつなげていくわけだ。ここで改めて、水をつかまえる「キャッチ」の動きをしっかり復習するため、「初心者は、肘を立て、手を水中深くに入れる段階で、まずは腕の動きをいったん止めてからストロークに入るようにして、コツをつかんでください」(高橋監督)と指導を受けた。フォームが出来上がったら、キャッチで止める必要はなく、流れるような動作にしていけばよいという。

プールでストロークの動きを教わる
[画像のクリックで拡大表示]
(1)ストレッチングタイムで腕をスーっと伸ばす。(2)キャッチで肘を立て、水を優しくつかむ。(3)~(5)手のひらを後方に向け続けながら、スーっとストロークで水をかく。股間にプルブイを挟んだ状態で、指導を受けた。

 続いては記者がプールで泳ぐ様子を、高橋監督が何とプールの底を仰向けになって泳ぎながら、記者のキャッチのタイミングなどをその都度指示してくれた。「こんな指導はなかなか受けられないよー」と愛嬌いっぱいの高橋監督。その人柄にますます引き込まれていきそうだ。

高橋監督がプールの底からアドバイス
[画像のクリックで拡大表示]
キャッチのタイミングなどをその都度指示してくれた。

肘の立て方や手首の反らしに課題

 とは言え、キャッチで腕の動きをいったん止める動きを、左右の腕で交互にリズミカルに行うことは、想像以上に難しい。「これは人間技ではない」、とさえ記者には思えた。そこで改めて、高橋監督のクロールを水中から拝見してみた。確かに、キャッチのところでいったん腕の動きが止まり、そこからきれいに真っすぐ手が後方に送り込まれていた。

高橋監督のクロールを水中で観察
[画像のクリックで拡大表示]
キャッチのところで、いったん腕の動きが「ガッ」と止まる間が作られている。

 高橋監督のビューティフルなクロールを目に焼き付けた後で、記者もプルブイを外して泳ぐことになった。何とかキャッチで止めるタイミングを作り、手のひらが常時後方を向くように努力してみたが、結果は以下の写真の通り。相変わらずキャッチで小指が開いてしまい、肘の立て方も甘く、ストロークの終盤で手首を反らせる動きも十分にはできなかった。高橋監督からは、「ストレートプルの動きはできていたから、まあまあですね」との評価だったが、これらの反省点の改善に向け、自主練習を増やさねば、と感じた1日であった。

記者のストロークには課題が残った
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
キャッチのところで、まだ小指が開いている(左)。ストロークの終盤で手首を反らせる動きも十分ではなかった(右)。

(次回は後ろにかいた腕を前に戻すリカバリーの動きを学びます)

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。