日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > ストレートプルのストロークをプールで実践  > 4ページ
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストレートプルのストロークをプールで実践

複雑な腕の動きの習得に四苦八苦

 稲川哲浩=日経Gooday

肘の立て方や手首の反らしに課題

 とは言え、キャッチで腕の動きをいったん止める動きを、左右の腕で交互にリズミカルに行うことは、想像以上に難しい。「これは人間技ではない」、とさえ記者には思えた。そこで改めて、高橋監督のクロールを水中から拝見してみた。確かに、キャッチのところでいったん腕の動きが止まり、そこからきれいに真っすぐ手が後方に送り込まれていた。

高橋監督のクロールを水中で観察
[画像のクリックで拡大表示]
キャッチのところで、いったん腕の動きが「ガッ」と止まる間が作られている。

 高橋監督のビューティフルなクロールを目に焼き付けた後で、記者もプルブイを外して泳ぐことになった。何とかキャッチで止めるタイミングを作り、手のひらが常時後方を向くように努力してみたが、結果は以下の写真の通り。相変わらずキャッチで小指が開いてしまい、肘の立て方も甘く、ストロークの終盤で手首を反らせる動きも十分にはできなかった。高橋監督からは、「ストレートプルの動きはできていたから、まあまあですね」との評価だったが、これらの反省点の改善に向け、自主練習を増やさねば、と感じた1日であった。

記者のストロークには課題が残った
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
キャッチのところで、まだ小指が開いている(左)。ストロークの終盤で手首を反らせる動きも十分ではなかった(右)。

(次回は後ろにかいた腕を前に戻すリカバリーの動きを学びます)

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.