日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道  > ストレートプルのストロークをプールで実践  > 2ページ
印刷

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストレートプルのストロークをプールで実践

複雑な腕の動きの習得に四苦八苦

 稲川哲浩=日経Gooday

グキッ! 「あいたたた~」

 続いては、手のひらが肩の前方から後方まで移る「ミッドスカーリング」だ。ここでは、腕が真下の状態(プールの底に対して垂直)より後方に移ると、手首を反らせるような形にするのがポイント。だが、ストロークで腕を回しながら、手首の曲げ方を変えていくというのはかなり難しい動きだった。「はい、手首はここまで反らせてね~」(高橋監督)。「(グキッ)あいたたた~」(記者)。水中で高橋監督の力強い矯正指導を受け、練習を繰り返すことで、次第に形ができてきた。

高橋監督から手首を反らせる動きを教わる
ストロークの後半では、腕が肩の真下より後方に移った位置で、手首を曲げた状態から反らせる。
[画像のクリックで拡大表示]
ミッドスカーリング
手のひらが肩の前方から後方まで移るスカーリング。肘を立てたまま、手のひらで力強く水を後方へ押し込むように気を付けた。
[画像のクリックで拡大表示]

 最後は、手のひらが肩の後方へ移った位置での「フィニッシュスカーリング」だ。ストロークでかいた腕を伸ばし手首を反らせた状態から水を後ろに押し出す。ここも進行方向の逆に向けた状態をキープしなければならない。「かいている水を最後の一滴まで後ろに押し出す感覚ですよ」と高橋監督にアドバイスをもらった。

フィニッシュスカーリング
[画像のクリックで拡大表示]
手のひらが肩の後方へ移った位置でのスカーリング。記者の癖で手のひらが体の方にねじれてしまったが、ここも進行方向の逆に向けた状態をキープしなければならない。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.