日経グッデイ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

ストレッチングタイムでスーッと伸びる泳ぎを習得

「バシャ、スー、バシャ、スー」の流れで泳ぎが見違える

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 前回(「入水前の腕の形が格好いいクロールのポイントだった」)から始まった、格好いいクロールをマスターするためのレッスン。クロールの腕の動きを、(1)腕が水に入る「入水」、(2)水中で腕を前に伸ばしたまま進む「ストレッチングタイム」、(3)指先で水を捉え、手のひら全体で面を作る「キャッチ」、(4)水を体に沿って太ももの位置までかく「ストローク」、(5)手を水の上に出す「リリース」、(6)腕を前に戻していく「リカバリー」の6行程に分けて学んでいく。前回、指先を水面に向けて斜めに真っすぐ(1)「入水」して、水面から5センチ下の深さを意識して腕を伸ばし、ストレッチングタイムにつなげて行くところまでは中央大学の高橋雄介監督に合格点をもらった。

 続く今回のレッスンでは、(2)「ストレッチングタイム」、(3)「キャッチ」までの動きを教わる。

ストレッチングタイムでは腕を伸ばす
[画像のクリックで拡大表示]
指先を入水した後は、水面から5センチ下の深さを意識して腕を伸ばし続ける。

 腕を水上で動かして入水させるまでの行程では腕の形を格好良く見せることを習得したが、ストレッチングタイムでは水中でスーっと伸びる感覚で泳ぐことがポイントになる。「両腕で常に水をかき続けるのではなく、水をかいた腕を入水させるまでの間に、もう片方の腕はストレッチングタイムでスーと進む間を持つことが大切です」と高橋監督が教えてくれた。

 言葉だけでは分かりにくいので、まずは高橋先生に“模範演技”を見せてもらうことになった。記者のレッスンを受けるまでの泳ぎは、右腕で「バシャ」っと水をかいて、すかさず左腕で「バシャ」っとかく感じ。泳ぎながら音を聞いていると、バシャ、バシャ、バシャ、バシャ…と続いていく流れだった。ところが、高橋監督の泳ぎでは、右腕で「スパッ」っとかいた後に、左腕が「スー」っと伸びるストレッチングタイムの間が入る。続けると、スパッ、スー、スパッ、スーといった滑らかな音が聞こえてくる。

ストレッチングタイムでは静かに「スー」っと進む
[画像のクリックで拡大表示]
高橋監督の“模範演技”では、左腕で「スパッ」っとかいた後に、右腕が「スー」っと伸びる間が入った。スパッ、スー、スパッ、スーといった流れで泳いでいく。伸びた腕は、肩、肘、手の順に少し下がる。

 まずは、このストレッチングタイムを体得するレッスンをスタート。腕の動きに集中するため、多少キックがおろそかになっても推進力を損ないにくいミニフィンを足に付けて練習した。これまでの癖で、ストレッチングタイムで伸ばし続けなければならない腕が、どうしても水中へ沈んでいってしまう。「ストレッチングタイムの間は指先に体重を乗せるイメージで、水をかくことなく慣性で進むようにして下さい」(高橋監督)。なるほど、こうすると、伸ばした腕の指先に神経を集中させやすくなり、腕を伸ばし続けた状態を維持できるようになった。

最初はミニフィンを付けて練習
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
ストレッチングタイムで伸ばし続けなければならない腕がどうしても水中へ沈んでいってしまうが、指先に体重を乗せるイメージを持ち、それをグッとこらえるようにした。

キャッチでは肘を立て、水を手のひらで包み込む

 ストレッチングタイムに続いては、水をつかむ「キャッチ」の練習だ。次の行程のストロークで前方へしっかりと推進力を作り出すためには、キャッチで手のひらの面をしっかり作り、水をかくための準備をすることが大切になる。「できるだけ先にある水に指先を引っかけ、そのまま水を包み込むイメージで手首を曲げていきましょう」と高橋監督。まずは、プールサイドでテニスボールを使い、それを指先で包み込むことで、キャッチの手の形を作る練習をした。

「キャッチ」はテニスボールを指先で包むイメージで
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
できるだけ前にある水に指先を引っかけ、その水を包み込むイメージで手首を曲げていく。プールサイドではテニスボールを使って練習した。

 キャッチするときの手の形に合わせて、大事なのは腕の角度だ。ストレッチングタイムでは腕をほぼ真っすぐにしていたが、キャッチでは次のストロークに備えて、肘を上側(水面)に向けて軽く曲げる。これを「肘を立てる」と言うが、このフォームを作らないと、「指先が上を向いて体が沈みやすい姿勢(前回記事を参照)になってしまったり、ストロークの軌道が外側や内側に流れてしまう原因になったりする」(高橋監督)。特に腕力のあまりない女性などによく見られるので気をつけよう。

高橋監督と記者の「キャッチ」を比べた
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
高橋監督の泳ぎでは肘が立ち、水を後方へ送り出すための手の形になっている(左)。一方、記者は肘の立て方が不十分で、手のひらも後方へ向けられていない(右)。

 上の写真は、高橋監督と記者の泳ぎで、キャッチの腕の形を比べたものだ。高橋監督の泳ぎでは肘が立ち、水を後方へ送り出すための手の形ができあがっているのに対して、記者は肘の立て方が不十分で、手のひらも後方へ向けられていなかった。そこで、ストレッチングタイムの後で肘をしっかり立て、下半身が沈みにくいように姿勢や呼吸を整える練習を重ねた(過去記事「体が沈まず、スイスイ腕を回せる「横呼吸」を体得! 」を参照)。

息継ぎをしない時のストレッチングタイムは快感

 ストレッチングタイムからキャッチまでの練習を重ねたところで、ミニフィンを外し、記者の泳ぎの最終試験となった。前回と同様に、肩甲骨を使って肩と肘を高く上げてから入水する点に注意しつつ25mを泳いだ。

ストレッチングタイムと入水までの腕の形だけで見違える泳ぎに
(1)右腕が水上に上がる行程で左腕をスーっと伸ばす。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)入水時の腕の形も美しくなった。
[画像のクリックで拡大表示]
(3)右腕のストレッチングタイムは息継ぎがないので、スーっという伸びを感じやすい。
[画像のクリックで拡大表示]
(4)ストレッチングタイムの伸びを損なわないよう、記者はキャッチアップクロールに近い泳ぎにしている。
[画像のクリックで拡大表示]

 結果は、上の写真の通り。水上で見える腕の形に加えて、泳ぎにストレッチングタイムが加わったことで、高橋監督に教わる前の記者とはすっかり見違えた泳ぎに変身した。とはいえ、泳いでみて分かったことだが、左腕よりも右腕を伸ばした時のストレッチングタイムのほうがスーっと水に乗る感覚をつかみやすい。これは、右腕で水をかく時に息継ぎが入るので、体のフラット姿勢が崩れやすいからだと思われる。一応、高橋監督から「いいですよ~」と合格の言葉は頂いたが、息継ぎした時のストレッチングタイムの改善に向けて今後練習を重ねることにした。

 最近は行きつけの区民プールが改装中で利用できないので、低料金で開放されている区立中学校の温水プールを利用している。ロッカールームからプール内までしっかり暖房がきいており、ちょっとしたスーパー銭湯気分を味わえる。

 そこで、今回教わった泳ぎを練習してみたところ、プールサイドにいる指導員らしき人の視線が若干向けられた気がしたのは記者の自意識過剰のせいだろうか…。まだ25mのタイムは測っていないが、スピード感も出てきた気がする。春の陽気のせいもあるかもしれないが、プール通いがちょっと楽しみになってきた今日この頃である。

(次回は、美しいクロールの達成に向け、ストロークの動きを学びます)

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。