日経グッデイ

50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

キャッチアップクロールで“らくらく泳ぎ”をマスターする

落ち着いて泳げる「ハーフ&ハーフ呼吸」も習得

 稲川哲浩=日経Gooday

社会人になって以降、プールなど滅多に行かない中年記者。しかし、ぎくしゃくした泳ぎを小学生の息子にばかにされ、一念発起。大学最強水泳部の監督の指導を仰ぐことに。心許ないクロールしかできないわが身も省みず、流ちょうな4泳法メドレーを1年で完成させることが目標だ。

 前回のレッスンでは、クロールのマスターに向け、ビート板に片方の手を乗せて上半身を浮かせたままで、顔を横に向けて息継ぎする「横呼吸」の仕方を教わった。呼吸する際には顎を引き斜め後ろを見て、腹圧をしっかり入れることがポイントだった。こうすることで体が水面と平行になるフラット姿勢を保ちやすくなる。最初は斜め後ろを見ることに違和感があるが、慣れてしまえばそれほど難しくはないと感じた。

 今回のレッスンは、ビート板の助けを借りることなく、横呼吸をできるようにすることが目標だ。ビート板を使えば泳ぎ方が多少悪くても顔は沈まず、比較的のんびり深く呼吸する余裕がある。しかし、ビート板がない状態で、同じように呼吸をしようとすると、時間が長くかかり過ぎてフラット姿勢のバランスが崩れてしまう。

 そこで、中央大学水泳部の高橋雄介監督(2ページのプロフィール欄を参照)が、また新しいテクニックを授けてくれた。「呼吸筋が競技者ほど発達していない一般の人が、肺にある空気を全部吐き、その分だけ吸い込もうとしても、途中で苦しくなってしまいます。ですので、肺に溜めた空気の半分だけを吐いて、その半分を吸い込む『ハーフ&ハーフ呼吸』を行うようにしましょう」(高橋監督)。

 このハーフ&ハーフ呼吸を意識しつつ、高橋監督から姿勢や体の動きの指導を受けた。最初は、右手だけでのストロークを行いながら呼吸する動作を繰り返して泳いだ。肺にある空気の半分だけを吐くということだが、実際にやってみると一瞬「パッ」と息を吐くだけで、その分を吸い込むには1秒ほど「ハー」と吸い続けないと肺は一杯にならない感覚だった。

ビート板を使わず右腕のストロークを繰り返す
                              1
[画像のクリックで拡大表示]
                              2
[画像のクリックで拡大表示]
                              3
[画像のクリックで拡大表示]
                              4
[画像のクリックで拡大表示]
高橋監督の補助を受けながら、ビート板を使わないキャッチアップクロールを練習する。肺にある空気の半分だけを吐いて、その分を吸い込む「ハーフ&ハーフ呼吸」を行うことで、息継ぎが楽になる。

 この右腕(呼吸する側の腕)のストロークを行う際に、もう一つ気を付けたいのは左腕の位置だ。「初心者によくあるNGなのですが、呼吸のために水をかいた右腕を上げると沈む方向に重力がかかるため、体を浮かせようと、無意識のうちに左腕を下げて水中でかいてしまうことがあります。すると、本来の大きなストロークであれば生じるはずの左腕による推進力が損なわれてしまいます。しかも、格好も良くない」(高橋監督)。呼吸の際の左腕は、水面で真っすぐ伸ばしたままにしよう。

呼吸の際に左腕が下がったNG例
右腕でストロークを行うと、体のバランスを取るために左腕が下がってしまうことがある。
[画像のクリックで拡大表示]

無心で泳ぐキャッチアップクロールに大歓声

 「ハーフ&ハーフ呼吸」や「左腕の位置」などの注意点も踏まえて、ビート板の助けも、また高橋監督の助けも借りずに、前回のレッスンでも行った両腕を頭の前でいったん揃えるクロールに、いよいよ一人で挑戦することになった。正確に言うとこの泳法はクロールではない。「キャッチアップクロール」と言って、25mを楽に泳げるクロールを身に付けるためのドリルである。

 「本来のクロールは両手が頭の前方で揃う前に、一方の手をかき始めます。しかしキャッチアップクロールでは、先ほど注意したように、水をかき出す腕は頭の前で両手がそろうまで水面に真っすぐ伸ばして保たなければなりません。この腕の位置をしっかり身に付けて、ストロークを大きくするための練習なのです」と高橋監督が教えてくれた。

 これまでがむしゃらに水をかいていた自分としては、こんなにのんびりとした泳ぎでは25mが非常に長く感じるのではないかと不安だった。そこですかさず高橋監督の優しいアドバイスが入る。「強くかこうとか、速く進もうとか、考えなくていいですからね。呼吸法をきちんと行うことに集中して、ゆっくりと優雅に泳いでください」(高橋監督)。

キャッチアップクロールで25mを完泳
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
フラット姿勢を維持すると、ゆったりとしたストロークの割にはスイスイと進めた。1ページ目に掲載した高橋監督の補助付きのフォームと比べると、呼吸の後に顔が入水するタイミングが早くなってしまったが、これはむしろ良いことだそうだ。(上段、下段の写真はともに3枚の写真を合成)

 呼吸、姿勢、アップキックに両腕のストロークのタイミング。気をつけることが山ほどあったので、スピードアップにまで気が回らなかったことがかえって幸いしたのか、落ち着いてキャッチアップクロールで25mを泳ぐことができた。自分としては無事に泳げてヤレヤレといった感じだったが、高橋監督やカメラマン、撮影の手伝いに来てくれた編集スタッフが驚きの歓声を上げてくれたのは意外だった。

 「OK! 何も言うことはありません。きれいなキャッチアップクロールでしたよ!」(高橋監督)。思えばこの連載の初回のストレッチで露見した体の硬さなど、これまで多くの不安材料を提供していた自分としては、少々肩の荷が下りた気分…。

 今回は速く泳ぐことが目標ではないが、フラット姿勢を保っていれば、ゆったりしたストロークでもスイスイと進めることを実感できた。ビート板がなくなったので、呼吸の最後に「ウン」と息を止めて、肺の浮力を維持する点を特に注意した。「息を吸った後の『ウン』のタイミングで腹圧を入れて体を締めてあげると、体が沈みにくくフラット姿勢を保ちやすくなるんです」と高橋監督。

 ここで、25mを楽に泳げる(キャッチアップ)クロールのレッスンは一区切りとなり、今後はクロールを美しく泳ぐためのレッスンに進む。ただし、美しいクロールをマスターするには、今の筋力や柔軟性では少々心許ない。次回からは、筋力や柔軟性を高めるためのエクササイズを2回に渡って紹介する。

(撮影:竹井俊晴)

(衣装協力:ミズノ/取材協力:ワイジェイティー)

高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん
中央大学 理工学部教授、水泳部監督
高橋雄介(たかはし ゆうすけ)さん 1962年生まれ。52歳。現役時代はバタフライの選手として活躍。5年間の米国留学で最先端の水泳トレーニング法を学ぶ。帰国後は中央大学水泳部のヘッドコーチ、続いて監督に就任。2004年に全日本学生選手権での11連覇を達成し、2014年には15回目の優勝を達成した。今では、米国仕込みの新しい水泳法「フラットスイム」を全国のスイミングクラブに伝えており、個人向けの指導も行っている。