腰がしっかり入り、股関節からきれいにスイング動作が始まる山口先生のドライバーでのティーショット。どの番手のクラブを使っても、フォームは同じだ。

記事に戻る