この日は左足の上がり、下がりの「傾斜ショット」を強いられる場面がほとんどだった。スイングするときの構えに加えて、ボールを「右足寄り」「左足寄り」のどちらに置くかといった細部にまで気を配る必要があると痛感した。

記事に戻る