日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > スイングが速くても「硬い」が向くとは限らない!
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

スイングが速くても「硬い」が向くとは限らない!

第5回 ベストマッチのクラブではやシングル気分

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。「上達には自分に合ったゴルフクラブを探す」という山口信吾先生からの命題を与えられていたある日、会社からの帰り道で通りかかったヤマハゴルフスタジオ高輪で、クラブのフィッティングをすることになった。独自のスイング分析によって、自分にピッタリな“運命のクラブ”がいよいよセレクトされることになった。

 スタジオでのフィッティング(詳しくは前回の「ゴルフクラブのフィッティング、メーカーのスタジオで初体験」をご参照ください)がひと通り終わると、いよいよクラブがセレクトされることになった。

 まずは、記者のスイングについて、ヤマハのクラブ開発担当の米山太基さんの分析結果から。

60分のフィッティングを経て、しなりの量が少ないことが判明。「軟らかめ」のシャフトが選ばれることになった。
[画像のクリックで拡大表示]

米山さん 「スイングの解析では、シャフトのしなりを見ているわけですが、特に『トップ』『切り返し』『ダウンスイング』におけるしなりの量に重点を置いています。測定した結果、お客様はしなりの量が少ないスイングのタイプであることが分かりました。このタイプは軟らかめのシャフトが合う可能性が高いです」

記者 「はぁ。しなりの少ないスイングタイプ、ですか?」

ヘッドスピードが速くても硬いシャフトが向くとは限らない

クラブを「トップ」の位置までバックスイングして「切り替えし」したら(Aのゾーン)、腰を回して「ダウンスイング」に入る(Bのゾーン)。このゾーンでのシャフトのしなりの量がフィッティングの肝になる。なお一般的に、AとBのゾーンでクラブヘッドのスピードが一定に上がる人を「ヒッター」、Bのゾーンでインパクトに近くなるほどスピードが上がる人を「スインガー」などと呼んでいる。
[画像のクリックで拡大表示]

 初心者やこれからフィッティングをするゴルファーに向けて、米山さんの言葉を補足しよう。

 「トップ」とは、ゴルフクラブを最大までバックスイングしたときの姿勢(またはクラブの位置)。次に、トップから腰を回してクラブを振り始める動作が「切り返し」。そして、クラブをボールのインパクトに向けて加速させている動作が「ダウンスイング」である。これら3つのポイントにおけるシャフトの上下左右のしなりを細かく計測することによって、ゴルファーのスイングの特徴を可視化し、それぞれのスイングパターンに合ったシャフトを見つけ出すというのが、ヤマハゴルフスタジオにおけるフィッティングの肝なのである。


記者 「私の場合、ヘッドスピードが41 m/sと表示されていましたが、クラブ選びの基準とはあまり関係ないのですか? 『42m/sまでならばR(軟らかめの)シャフト』『38~45 m/sはSR(SとRの中間)シャフト』『42 m/s以上はS(硬めの)シャフト』みたいなことを聞きますが」


米山さん 「ヘッドスピードは1つの目安になりますが、それよりも私たちが注目しているのはシャフトのしなりの量の個人差です。しなりの量の大きい人に硬めのシャフトを、しなりの量の小さい人には軟らかめのシャフトをお薦めしています。たしかにヘッドスピードの速い人ほどシャフトのしなり量が大きくなりやすい傾向がありますので、ヘッドスピードの速い人は硬いシャフトが合うことが多いです。しかし、ヘッドスピードが速いけれどしなりの量は小さい人もたくさんいらっしゃいます。そのような人には、たとえヘッドスピードが速くても軟らかいシャフトをお薦めしています」

ヘッドの動きを再現する解析モニターで、米山さんが記者のスイングを丁寧に解説してくれた。
[画像のクリックで拡大表示]
ゴルフクラブを選ぶ際、ヘッドスピードに適合するとされるシャフトの硬さを示した。プロ並みのヘッドスピードであれば「X」、女性ゴルファーであれば「L」「A」という選択肢もある。
[画像のクリックで拡大表示]

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.