クラブを「トップ」の位置までバックスイングして「切り替えし」したら(Aのゾーン)、腰を回して「ダウンスイング」に入る(Bのゾーン)。このゾーンでのシャフトのしなりの量がフィッティングの肝になる。なお一般的に、AとBのゾーンでクラブヘッドのスピードが一定に上がる人を「ヒッター」、Bのゾーンでインパクトに近くなるほどスピードが上がる人を「スインガー」などと呼んでいる。

記事に戻る