日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > スイングが速くても「硬い」が向くとは限らない!  > 3ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

スイングが速くても「硬い」が向くとは限らない!

第5回 ベストマッチのクラブではやシングル気分

 池田 悟=日経Gooday

 そんなアドバイスを聞きながら、その日、記者が経験したフィッティングの詳細と感動を記事にできないかとの打診を、米山さんにそっと差し向けてみた。

米山さん 「日経Gooday…、シングルを目指す企画? 恐らく、大丈夫だと思いますが、上司に相談してみますね」

「ぜひヤマハのクラブでシングルを実現させてください」

 フィッティングを終えてから1週間後、取材先からグッデイ編集部に戻ると、記者宛に大きなダンボールが6箱届いていた。てっきり「引越しをせよ」を意味する、鬼編集長からの突然の異動命令かと思った…が、目を何度こすって見直しても、そのダンボールには「YAMAHA」の文字が刻まれている。

RMXの2015年モデルが発売された当日、なんとフィッティングしてもらったクラブが編集部に届いた。
[画像のクリックで拡大表示]

 …詳しい経緯は割愛するが、ヤマハのご厚意で「モニター」としてクラブセットを貸与してもらうことになったのである。同社のゴルフブランドは、主に上級者層に認知、愛用されることが多かったようで、2015年モデルからはゴルフにアクティブに取り組みたい、もっと上達したいと思っている初級者層にまでPR対象を広げて、ブランド力をさらに高めたいとの理由からだった。

 「どうぞこのクラブで練習に励まれ、ぜひ当社のクラブでシングルを実現させてください」

 2年後にシングルになれなかったら「残念ながら罰金を徴収します」とは書かれていないし、「定期的に試験を受けてもらいます」とも綴られていない。内心「ラッキー」とは思いながらも、有名メーカーのPRを担えるほど力があるのか…。だって、ヤマハといえば、2012年の日本男子プロゴルフツアーで賞金王に輝いた藤田寛之プロも使用しているではないか!!!

 いやいや、これは大変な重責を担うことになったぞ…。その夜、一連の経緯をわが師匠の山口信吾先生に伝えると、静かにこう語ってくれた。

山口先生 「ヤマハ、そうですか! クラブ作りに妥協しないメーカーですね。これはきっと世界に通用するピアノを作り続けている楽器メーカーならではの哲学が、クラブにも反映されているのだと思います」

 これまた大変なプレッシャーである。

山口先生 「それと、クラブはすべて重さを量り、折れ線グラフを作って可視化するといいですよ。ドライバーなどのウッド系、ユーティリティーやアイアンなど、クラブのタイプに応じて、グラフの線がなだらになるほどいいセッティングです。上達してからもクラブのバランスはとても気を遣うポイントです」

全部11本あるクラブを1本ずつ量ってみた
一般的に重たくなるほどクラブは振りにくくなるとされるが、全体のバランスも大切だ。「異なるメーカーやブランド、また素材が違うシャフトなどのクラブの組み合わせは初心者は避けたほうがいいと思います。グラフの線が急に上下するところは、往々にして苦手な番手やミスが出やすいことが多い」(山口先生)。
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、クラブを計量してグラフにしたもの(上図)を先生に診てもらうと、「文句なし! さすがにヤマハのクラブは本格的です」と、無事に合格を頂いた。早速、新しいクラブを携えてコースを回り、また先生にチェックをしてもらう運びとなった。

 心の底では密かに、

 「いゃ~、見違えるほど上達したじゃないですか。これはたいたしもんだ!」

 と、目を細める山口先生の顔に思いを馳せたまではよかったのだが…。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.