日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > スイングが速くても「硬い」が向くとは限らない!  > 2ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

スイングが速くても「硬い」が向くとは限らない!

第5回 ベストマッチのクラブではやシングル気分

 池田 悟=日経Gooday

アイアンは振りやすさを重視して選ぶ

ドライバーの試打を経て、アイアンのフィッティングへ。シャフトは軽く感じた「カーボン製」よりも、少しだけ重みを感じる「スチール製」のほうが振りやすかった。
[画像のクリックで拡大表示]
自分に合ったクラブを使えば、飛距離もきっちり伸びる。画面にある154.9ヤードの表示は、7番アイアンを試打したときの結果。理想的な飛距離だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 自分のしなりの量とシャフトの硬さが合わなければ「飛距離をロスするどころか、インパクト効率が下がり、球筋も安定しないことにつながりやすい」と、米山さんはアドバイスする。つまり、「初心者または非力だからRシャフト」とか、「上級者でヘッドスピードが47m/sなのでSシャフト」といった決め方は避けたほうがいいわけだ。昨今では、シャフトのフィッティングを行ってくれるゴルフショップのほか、シャフト専門店もあるので、ぜひ一度、足を運んで打ち比べてみるといいだろう。


記者 「フィッティングではドライバーを初めに決めましたが、アイアンはどのように選べばいいですか?」


米山さん 「アイアンのシャフト選びでも、硬さと重さが重要です。まず硬さですが、ドライバーでのしなりの特徴が分かれば、アイアンもほぼ同じ傾向になり、選択肢は絞られてきます。また、重さについては、振りやすいかどうかを意識して選ぶのがいいと思います。一般的に、スチール製は『重い』、カーボン製は『軽い』という認識でいいと思います」


 こうして、フィッティングよって最終的に米山さんに選んでもらったクラブは下表の通りだ。ちなみに、ドライバーのシャフトの硬さは「R」フレックスだった。アイアンも同じタイプになったが、こちらのシャフトはスチール製になった。フィッティングされたクラブを使って打ってみると、「今までのクラブはいったい何だったの!?」と思うぐらい、とても振りやすくて、いい打球音がして、すぐに上達してしまうような錯覚をするほど。ベストマッチのクラブを手に入れて、はやシングル気分! 思えば、これまでのクラブは「S」「SR」「R」が混在していたような…。

フィッティング後、最終的にセレクトされたクラブセッティング
クラブ番手/商品名 シャフト(素材・長さ) 希望小売り価格(税別)
1W(ドライバー)
RMX 01
ディアマナR60 ・R
(カーボン45.25インチ)
8万5000円
4FW(バッフィー)
RMX FW
ディアマナR60 ・R
(カーボン42.5インチ)
3万8000円
5UT(ユーティリティー)
RMX UT
RMX85 ・R
(スチール39インチ)
2万7000円
5I~PW(アイアン)
RMXマレージング
RMX85 ・R
(スチール38.25~35.5インチ)
10万8000円 ※1
AW(アプローチウェッジ)
RMXフォージド
RMX85 ・R
(スチール 36.5インチ)
1万8000円
SW(サンドウェッジ)
RMXフォージド
RMX85 ・R
(スチール 35.25インチ)
1万8000円
※1: 5I、6I は別売各1万8000円(税別)を含む

記者 「米山さんに全11本を選んでもらいましたが、クラブは全部で14本まで使えますよね?」

米山さん 「そうですね。もちろん最初から14本のフルセットで組むのもいいと思いのますが、今後の上達に合わせて、クラブを足したり、組み替えたりしながら、最終的に14本で組んではいかがでしょうか。後々、ロングアイアンの代わりにユーティリティーやショートウッドを入れたり、ロフト角の違うウェッジを入れたりするのもよし、です」

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.