日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 残り250y…ラフからのセカンドは「100y先に刻む」が吉  > 2ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

残り250y…ラフからのセカンドは「100y先に刻む」が吉

第21回…攻める? 守る? 一度目のミスの挽回を捨て「スコア87」

 池田悟=日経Gooday編集部

セカンドショットを「優・良・可・不可」に分けて考える

 今、セカンドショットで記者が心がけているのは、とにもかくにも3打目もボールを打ちやすいフェアウェイを「キープすること」、もしくはフェアフェイに「戻すこと」である。芝の深さや目によってクラブが喰われやすいラフから打つリスクと比べれば、フェアウェイからの方が、スコアアップのためには断然有利になることはご存じの通り。記者がこの夏、プライベートのラウンドで経験した「深くて強いラフ」に難儀したことも、セカンドショットに細心の注意を払うようになったきっかけにもなっている。

セカンドショットは、フェアウェイからフェアウェイに運べれば「優」とする。次に、ラフからフェアウェイに戻せれば「良」。フェアウェイからラフは、残りの距離やグリーン周りの状況に応じて「可」。落第に当たる「不可」は、ラフからラフ、またはバンカーに入れることで、これは絶対に避けるものとした。写真ではやや見づらいが、砲台になったグリーンの手前には、大きなガードバンカーが待ち構えている。
[画像のクリックで拡大表示]

 学校の成績表ではないが、セカンドショットの結果を「優・良・可・不可」の四つとし、まずフェアウェイからフェアウェイに運べれば「優」とする。次に、ラフからフェアウェイに戻せれば「良」。フェアウェイからラフは、残りの距離やグリーン周りの状況に応じて「可」。落第に当たる「不可」は、ラフからラフ、またはバンカーに入れることで、これは絶対に避けるものとした。

 特にミスを起こしやすいのはパー5の2打目。傾斜地やラフからのショットになった場合、初心者にとってフェアウェイウッドでコントロールすることは難しいうえに、ミスをすれば再びラフや、バンカーにつかまりやすいコース設計になっていることがほとんど。もちろん、チョロやトップをするリスクもある。

 ロングホールのセカンドショットでは、飛ばそうと意識せず「優」か「良」を目指す。記者が実践しているのは「ゆったり振ってまずはボールに当てること」を優先させ、ミスの“ドミノ倒し”をとにかく防ぐこと。芝が逆目になったラフやディポット、構えたときに足元が不安定になる傾斜地など、ミスショットになるリスクがあれば、たとえ残りが250ヤード以上あっても、9IやPWを使って100ヤード先のフェアウェイに戻す。

フェアウェイに戻すが功を奏して!? 「46+41=87」

 こうして“臆病”なほどミスするリスクを避けながら、山口先生が実践している「最善手」を自分なりに真似しながら、ひとホールずつ回る。こんな心がけをセカンドショットで持つことだけでも、『100切り』は手に届くスコアであることはもちろん、安定して90台前半で回れるポイントになると記者は身を以て実感している。

パー5の2打目。つま先下がりのライで、コースは右にドッグしていく設計。左に曲げればラフ、右に曲げればラフ沿いにOBが迫る。通常は4Wで打ちたくなるところだが、ライを考慮して7Wでリスクヘッジ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、直近のプライベートラウンドでは、セカンドショットを打つ14ホール(パー3は除く)のうち、ティーショットでフェアウェイをキープできたのは半分の7ホール。ラフからセカンドでフェアウェイに戻したのが5ホールあったが、そのうち3ホールでパーを奪取(もちろん、フェアウェイからラフ、ラフからラフもあったが…)。

こうしてセカンドショットを意識することが功を奏したのか、

「イン46+アウト41=87

 でラウンドすることができた。(ちょっと嬉しい…)

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.