日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > ゴルフクラブのフィッティング、メーカーのスタジオで初体験  > 2ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

ゴルフクラブのフィッティング、メーカーのスタジオで初体験

第4回、自分に合うヘッドとシャフトの組み合わせを探す

 池田 悟=日経Gooday

シャフトの動きに注目した独自の解析方法

「自分に合ったクラブを選ぶのは上級者でも難しいものです。メーカーやショップでできるフィッティングを大いに活用して、気に入ったクラブを見つけてください」と米山さん。

 「ヤマハゴルフスタジオ高輪にようこそ」という言葉とともに、爽やかな笑顔で登場したのが米山太基さんだった。聞けば、同社のクラブ開発の担当者だという。

記者 「よろしくお願いします。仕事の関係で13年ぶりにゴルフを再開しました。ゴルフクラブをフィッティングするなんて、う、う、生まれて初めての経験です」

 米山さんによれば、ヤマハがゴルフクラブを発売したのは1982年。実に30年以上の歴史があるメーカーである。これまでの商品開発のノウハウと蓄積したユーザーデータを生かし、クラブのフィッティングができる「ヤマハゴルフスタジオ高輪」を今年7月にオープンしたのだという。フィッティングは「現状分析」「シャフトのしなりの測定・分析」「推奨クラブの決定」「結果の説明」という大きく4つのステップからなる。

 中・上級者のゴルファーは既にご存じかと思われるが、一般的なゴルフショップで行うフィッティングは、クラブのヘッドの軌道やインパクト位置、ボールの回転数、スイングスピードから、いくつかのクラブを試して選び出す。これに対して、ヤマハが開発した解析システムでは、先の計測情報に加えて、スイングするときのシャフトの動き(しなり方)を測定・分析する画期的な方法を導入している。これによってヘッドとシャフトの理想的な「組み合わせ」を選び出してくれるのが特徴だ。

3タイプのヘッドと4タイプのシャフトに必ず合う組み合わせがある!

米山さん 「今のクラブ選びは通常、既存商品を使って計測した結果と、自分の感覚が合うかどうかで判断します。そのため、上達度に応じて、クラブを買い換えたり、シャフトを調整したりするのが慣例的です。しかし、私たちはこうした従来の考え方から、ヘッドの動きを左右するシャフトの挙動に注目し、ユーザーに応じたヘッドとシャフトのベストマッチを“作り出す”という発想で商品を開発しています。そのため、ゴルフスタジオでのフィッティングでは、シャフトのしなり挙動に注目しています」

 ヤマハが今年10月25日発売した新作「インプレス・RMX(リミックス)」のドライバー(1W)を例にすれば、3タイプあるドライバーのヘッドと4タイプのシャフトとの組み合わの中から、「自分に合うドライバー」が必ず見つかるという。これまで、一部の上級者向けのクラブを除き、ほとんどのクラブがスペックの決まった既製品として売られているのに対し、同社のクラブはカスタムオーダーに近い組み合わせで選べる。さらに、上達の度合いやコースを回る日の調子によってシャフトを交換したり、ウエイトを微調整したりもできる。「組み替え自在なことが、リミックス=REMIXのネーミングたるゆえん」(米山さん)であるそうだ。

記者 「スイングに伴う動きに表れる個人の特性に、クラブをカスタマイズさせるわけですね。ということは、ありのままに振れるクラブが選べるともいえますか?」

米山さんが開発したというスイング中のシャフトの動きを解析するための専用シャフト。
[画像のクリックで拡大表示]

米山さん 「はい、その通りです。もちろん、初心者は基礎的なスイング方法を身に付けることは前提ですが、ベストな組み合わせを見つければ、あとはクラブがボールを理想的に飛ばしてくれる。スイングの個性を最大限に生かせるのです。私たちは『自分に合うドライバーが、一番飛ぶ』をコンセプトにしています」

記者 「素朴な疑問なのですが、ゴルフショップでも同じようにフィッティングをしてもらえると思いますが、メーカーのスタジオで選ぶのとはどこが違うのでしょうか」

米山さん 「簡単にいえば、ショップでは複数のメーカーを“ヨコ比較”できるのに対して、メーカーでは、ブランド別やシリーズ別といった“タテ比較”が可能です。例えば、8番アイアンを試し打ちするとして、当社であれば上級モデルから初中級モデルまで5つのシリーズがあります。さらにシャフトもカーボン製とスチール製が試せる。もしも気に入ったメーカーがあれば、そこでフィッティングするのがいいかもしれません」

 前方のスクリーンに映し出されたコースに向けて、ふにゃりとしたシャフトのドライバーでボールを5球ほど打ち、違うタイプのクラブに変えてボールを打ち、さらにヘッドやシャフトを代えてまたボールを打つ。ゴルフシミュレーター使いながら、自分に合った組み合わせを絞っていくわけだ。なんだかオーダーメードでクラブを作るプロゴルファーにでもなった気分で、初心者にはとても新鮮である。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.