日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > ゴルフクラブのフィッティング、メーカーのスタジオで初体験  > 4ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

ゴルフクラブのフィッティング、メーカーのスタジオで初体験

第4回、自分に合うヘッドとシャフトの組み合わせを探す

 池田 悟=日経Gooday

山口信吾先生が薦める3分ドリルで手首の「コック」を習得!

 山口信吾先生からの課題として紹介した「手首のエクササイズ」(詳しくは、「ゴルフが上達しないのは体の使い方がよくないから!?」をご参照ください)で、手首の柔軟性が高まってきたら、実際にクラブ(サンドウェッジ・SW)を持って「コック」を使うコツ習得して行こう。「ゴルフの上達のためには、私は7つの基本動作を習得する必要があると考えています。まず、手首を柔軟にすることが基本動作の第一歩(基本動作1)。その次が、手首をタテに使ったコックの習得です(基本動作2)」(山口先生)。自宅で5分もあればできる簡単なドリルだ。

  ゴルフのスイングは、手首を「タテ」に動かしながら、腰と体幹部は「ヨコ」に動かすという複合的な動作が求められる。まずは山口先生が提唱する「コック」「リリース」「リコック」という3つの大切な手首の使い方を、ゆっくりとした動きで身に付けていこう。「クラブを持って手首をタテに上げたときが『コック』した状態。次に、コックを解いて、クラブを下ろしたときが『リリース』。リリースしたクラブを再びタテに上げたときを私は『リコック』と呼んでいます」(山口先生)。

 実際のスイングでは、最初の構えからクラブをバックスイングするときに手首を「コック」させ、クラブを振りだしてボールを打つときには手首を「リリース」し、打った直後からフォロースルーまでにクラブのヘッドを再び引き上げる「リコック」の動きがセットになっている。「剣道にたとえると、一連の動きは上段、中段、下段の形に近い」(山口先生)。早速、日課に取り組み、コック・リリース・リコックを上手に使えるようにしよう。

コック・リリース・リコックのドリル1
[画像のクリックで拡大表示]
ドリル1 手首のアップ
[画像のクリックで拡大表示]
肩幅に足のスタンスをとり、股関節から上体を前傾させ腰を入れて(重心を少し下げる)クラブを構える。手首はリラックスさせた状態で。
コック・リリース・リコックのドリル2
[画像のクリックで拡大表示]
ドリル2 手首のアップ
[画像のクリックで拡大表示]
手首をタテに曲げながら、だんだんと「コック」させながらクラブを頭上に向けて持ち上げて行く。
コック・リリース・リコックのドリル3
[画像のクリックで拡大表示]
ドリル3 手首のアップ
[画像のクリックで拡大表示]
さらに手首を最大まで曲げて「コック」つくり、クラブを頭上に持ち上げる。
コック・リリース・リコックのドリル4
[画像のクリックで拡大表示]
ドリル4 手首のアップ
[画像のクリックで拡大表示]
頭上でタメを作ったら、クラブを地面まで振り下ろしながら手首のコックを「リリース」していく。
コック・リリース・リコックのドリル5
[画像のクリックで拡大表示]
ドリル5 手首のアップ
[画像のクリックで拡大表示]
地面を叩いたら、そのときの反動を使って、再び1~5の動きを繰り返す。勢いをつけ過ぎず、コツがわかるまでゆっくり10回ほど繰り返してみよう。床にクラブを直接ぶつけると、 手首を傷める危険もあるので、クッションや厚手のタオル重ねて敷いておくのがお勧め

クッションを使うと「リコック」のタイミングがわかりやすくなる
床にクッションや厚手のタオルなどを敷いて行うと、クラブが床についた後にリコックをしていくタイミング(=通常のスイングではインパクト後に相当)が取りやすい。手首への強い衝撃を防ぐためにも、ぜひ取り入れてほしい。
[画像のクリックで拡大表示]

(次回は、「ベストマッチのクラブを手に入れてはやシングル気分?」の予定です。ぜひご覧ください)

(写真:相田克己・フィッティング/竹井俊晴・ドリル)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。
 
     
撮影協力
西宮高原ゴルフ倶楽部
衣装/ポロシャツ(グレー、オレンジ、イエロー、ブルー)7020円、パンツ(ホワイト)1万800円、ゴルフインナー(ホワイト)5400円、ベルト(ホワイト)8100円、フリースパンツ(オリーブ)9720円、CGサーモフィッティド(ホワイト)8100円、以上すべてアンダーアーマー

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.