日経グッデイ

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

体づかいの悪い癖はコースに出て学べ!

第3回 2つエクササイズで足腰を強化する

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。山口信吾先生から課せられた体の柔軟性のチェックをクリアした後に、いきなりコースをラウンドすることになった。さてその顛末はいかに。

 身の程をわきまえずに〝大上段″から語り始めることをお許し願いたい。

 ゴルフはつくづく自分の“心との闘い”である。

 ライバル仲間とのラウンドであれば、1ヤードでも遠くに飛ばし、1打でも相手を上回るスコアで上がりたい。女性を交えたグループならば男っぷりを上げたく、大勢が見つめるコンペの1番ホールではビッグドライブ(予想を超える距離のショット)を放ち、「おぉ~、ナイスショ~ット!」の声を薄々望んでいる(…に違いないでしょ?)。

 だが、かの世界ゴルフ殿堂の1人であるアーノルド・パーマー(傘のマークでおなじみのブランド名をご存じの方も多いだろう)氏は、こう言った。

 「ちょっとした見栄が、ゲームを台無しにする」

ホールが進むたびにスコアを上げて行く先生に対して、記者は“1打しのいで、3打落とす”の繰り返し。ちなみに、当日のスコアは“110”台。このスコアが、もともとの連載タイトル“百獣の王”から改名された理由の一つでもある。
 

 13年半ぶりに立ったティーグラウンド(これまでの経緯は、「13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?」をご参照ください)。山口信吾先生の前での実技試験であることに加えて、会心のショットを狙うカメラのシャッター音がとてつもなく記者の緊張感を高める。西宮高原ゴルフ倶楽部のINスタート(10番ホール)は、左の林に打ち込んだらOB、右に曲げたら谷底OB…である。遠く正面に見える木を目標にして、心で祈りながらバックスイング(スイングのためにクラブを後ろに振り上げること)に入った。

「でも、グッドマナーです(うふふっ)」

 ビューン、カッキーンという鋭いスイング音と打球音が交わった瞬間、記者は確信した。

「フオア~ァァァァ~~~~」

 会心だったのは、ショットではなく大声の方であった。優しいキャディーさんが、「あっちは谷ですから、叫ばなくても大丈夫ですよ。でも、グッドマナーです(うふふっ)」と労わってくれた。

 気を取り直して、OB後の打ち直し第3打。リラックスしながら呼吸を整えて今度こそ。

 ヒュン、キーーーン。

 ボールは“カミソリ”のような切れ味の魔球となって谷底へと消えていった。たとえが古くて恐縮だが、まるで元読売ジャイアンツの大エース、西本聖選手の全盛期のシュートをも凌ぐ、見事な“ど・スライス”(右に大きく球が曲がること)だった。振り向くと、山口先生は青空を遠く見上げ、カメラマンは「渋柿」を食べたような顔でうつむいていた(と記憶している)。出だしから痛恨の2連続OBである。

 その後のラウンドは、読者の皆さんのご期待通りであった。歓喜、祈願、苦悩、決心、困惑…。自分の心と闘い続けた18ホールの様子は、まあ次のような感じだ。

 ドライバー(1W)で250ヤードも飛ばしかたと思えば、残り90ヤードでアイアン(9I)を強く振りすぎてグリーンを大きくオーバー。バンカーからはすべて一発で脱出させたのに、グリーンそばからカップに寄せる短いアプローチではダフリ(*1)やチョロ(*2)をしでかす。10m超のパットであわやバーディの絶妙タッチを見せたのに、わずか2mのパットで行ったり来たり。

 結果から言えば、まるで“冷凍保存”でもされていたかのように、13年前と変わらない自分のゴルフがそこにあった。どうしてゴルフ連載の担当なんかになってしまったのだろう…。ラウンド中も心が揺れるたびに、悔しいかな鬼編集長の顔が現れるのである。

 「わっはっは~。いいぞお前、その調子で連載も笑わせてくれ」

 シングルを目指して意気揚々だった記者の姿は、ラウンド後はまるで『借りてきた猫』だったそうだ。朝は希望と活力に満ち溢れた“百獣の王”のライオンごとき勢いは、もはや風前の灯のごとし。「ライオンが猫になった」のだから、噺家ことばを借りれば“そいつぁ、穏やかじゃねぇ”てな具合だったに違いあるまい。

(*1)ボールより手前の芝土に当たること (*2)ボールの頭をかすめて少しだけ転がること

間違った動きを認識することが上達の近道

 「残念ながら、シングルは諦めてください…」。そんな判定が記者に下されるものだと思っていた。ところが、ラウンドを終えたその夜、先生の表情はとてもにこやかだった。

肩や腰のポジションが安定せず、構えるときのスタンスの幅、体の方向もまちまちになる。ラウンド後、山口先生自作の練習用具を駆使しながら体の癖を認識していく。
[画像のクリックで拡大表示]

山口先生 「スイングやラウンドの技術はこれから高めていくとして、体の使い方には目を見張るものが所々ありました。13年ぶりとはいえ、それまでに習得したスイング動作は一つの財産なのですよ」

記者 「自転車に一度乗れるようになったら乗り方を忘れない…みたいなことですか?」

山口先生 「その通りです。良いところは変える必要はありません。ただし、かつて脳と体に刻まれたゴルフの動きを呼び覚ましたら、間違って記録された運動プログラムは見直し、“上書き”だけしていけばいいでしょう。今日のラウンドを見ていると、例えば『スイングのスピードアップに有利な肩の可動域は広いのに、手首や骨盤がうまく連動していない』『股関節は大きく使えるのに、体を支える左ひざが流れる』などです。こうしたプログラムのミスを修正するだけで、劇的に上達するはずです。大いに可能性を感じました」

記者 「げ・き・て・き・に? 可、可能、可能性…、ホントですか?」

山口先生 「ただし、ブランクがある人や伸び悩み中のゴルファーは、入門したての人よりも少し難しい面もあります。体づかいの癖がなかなか治りにくいのです。これは上級者も例外ではありません」

 なるほど、山口先生がすぐにコースをラウンドさせた理由がよくわかった。コースの上では、片足や両足のつま先が上がったり下がったり、さらに足を閉じる、開くといったライ(ボールのあるコース状況)でボールを打つことがほとんどだ。「足場の状態に合わせて体はバランスを取ろうとするため、無意識に動きの癖が出てくる。これがミスショットを生む大きな原因です」(山口先生)。

2つのエクササイズで体の「連動」を習得する

 こうして与えられた新しい課題は、「W字腰切り体操」と「ダンベルスクワット」だった。ボールの行方が安定しない人に加えて、中高年から始めた人や女性は、股関節を使って「下半身主体で体を回す動き」と、スイングの土台になる「脚部の強化」に励もう。山口先生が推奨する必修エクササイズだ。

 「W字腰切り体操」は、骨盤と脊柱(背骨)を存分に回すための上半身のエクササイズだ。実際のスイングと同じように、ひざを少し曲げてお尻を後ろに引いて“腰を入れた”姿勢をとる。さらに両腕で「W字」を作り、「股関節」を中心に下半身主導で体を大きく回すことで、肩から股関節までの回旋力と連動性を高める。安定したスイングに欠かせない動きの一つだ。コースでライが悪くなると、肩の位置や腰の回り方はどうしても崩れる。こんな悪い癖がラウンド中に出ていたわけだ。

W字腰切り体操1(正面)
[画像のクリックで拡大表示]
W字腰切り体操1(横)
[画像のクリックで拡大表示]
両足を肩幅に開き、両ひじを曲げて「W」の字をつくり、手先を天井に向ける。次に、ひざを軽く曲げ、お尻を後ろに引いて「股関節」から上半身を前傾させる。体重は両足均等にかかるように。クラブを構えるときのスタンスをイメージしよう。横から見た写真は、スタートポジションで“腰を入れた”状態だ。
W字腰切り体操2 (正面)
[画像のクリックで拡大表示]
W字腰切り体操2 (横)
[画像のクリックで拡大表示]
体重をゆっくりと右足に乗せながら、右足の股関節を中心にして、骨盤、腰、脊柱(背中)を右に回旋させていく。このとき、右ひざが右へ流れないようにスタートと同じ位置でふんばること。クラブをバックスイングするときをイメージしよう。横から見た写真は、股関節から上半身を外旋させて、骨盤、腰、脊柱(背中)を最大まで回した状態。右足に加重しながら、右ひざの位置を固定している。
W字腰切り体操3 (正面)
 
[画像のクリックで拡大表示]
W字腰切り体操3 (横)
[画像のクリックで拡大表示]
体重を左足に移しながら、骨盤を一気に元の位置に回していく。クラブを振り始めるダウンスイングをイメージしよう。このとき、両ひざが開いたり、腰と肩の位置がぶれないように、太ももにしっかり力を入れて体を支えよう。腰切り体操「2」と「3」が腰を切る要となる動き。ここが早く回せるようになると、スイングが安定しスピードもアップしてくる。
W字腰切り体操4(正面)
[画像のクリックで拡大表示]
W字腰切り体操4(横)
[画像のクリックで拡大表示]
さらに体重を右足に乗せながら、左足の股関節を最大まで回し、骨盤、腰、脊柱(背中)を連動させて左に回旋させていく。ボールの打った後のフォロースルーをイメージしよう。このとき、左ひざが左へ流れないようにしっか体を支えてふんばること。一連の動きを10回繰り返し、反対方向も同様に行う。動きに慣れてきたら、顔でボールを追うイメージで、股関節を使って腰を切るスピードを上げていこう。

パワーと安定の両立は脚からつくる

  一方の「ダンベルスクワット」は、スイングの安定を支える脚部の強化のために有効なトレーニングだ。

ダンベルスクワット1
肩幅に両足を開き、上体の力を抜いて真っすぐ伸ばす。ダンベルを持つ手は体の側面にそろえる。もしも、ダンベルがなければ、水を入れた大型ペットボトルなどで代用してもいい。
[画像のクリックで拡大表示]
ダンベルスクワット2
お尻を床に下すように、上体を沈める。ひざを「曲げ伸ばす」反復運動ではなく、尻もちをつかないように太ももの力とひざのクッションを使って上体を受け止めるイメージで行う。10回を3セット。
[画像のクリックで拡大表示]
ひざの位置に注意!
体を沈めたときは、腰を丸めず、両ひざは「つま先」より前に出ない位置で止めること。足もとを見たときに、ひざ頭とつま先がちょうど重なるところが理想。ダンベルで負荷をかけるため、腰やひざを痛めないためにも、姿勢には注意しよう。
[画像のクリックで拡大表示]

 3~5キロぐらいのダンベルなどを使い、負荷を与えながら行うとより効果的。太もも前面の「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」とふくらはぎにある「下腿三頭筋」といった筋肉は、例えばコースの傾斜に立つときなど、体をしっかり支えるために欠かせない。山口先生の指摘にもあった「インパクトで左ひざが左に流れる癖」によって、骨盤の回転が不足したり、上体がぐらついたりして、ボールの下や上を叩いてしまっていたのだ。

山口先生が実際に歩んだ2年間のシングル計画を元に作成した。道のりはまだまだ遠い。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ゴルフは18ホールを歩き続け、一打ごとに状況が変わるスポーツです。スイングのパワーや安定を生み出すのは、最終的にその土台になる脚力といっても過言ではありません。次にラウンドするときまで、2つのエクササイズで体を鍛えながら、ミスプログラムを修正していってください。もちろん、真向法体操と手首のエクササイズは習慣にしてください」と山口先生。

 こうしてゴルフの上達を悩むより前の、最も見過ごされやすい体の動かし方や、脚部の重要性といった基本中の基本をひと通り学んだことになる。

 先生から2年でシングルを目指すまでのタイムテーブル(上図)が手渡されたのと同時に、ひと言。

 「それと…。シングルを目指すならば、クラブ選びはちょっと考えた方がいいかもしれませんね」

思い入れのあるクラブも混ざっているがこれで見納め。「さらば、友よ!」

 あちゃ~。急ごしらえのように集めた「中古クラブ」と「13年前の骨董品」、そしてゴル友の「借り物」で凌いだ13本のクラブセット。や、や、やっぱりダメですよね…。

  

 早速、新しいクラブに思いを馳せる。カッコよくて、オシャレなアイテムが溢れるゴルフ業界。どうせ買うならT社がいいかな。C社、P社、いやM社もカッコいいかも…。自分の心との闘いはコース外でもますます増えそうだが、大切な一言をもう忘れてしまっている。

 「ちょっとした見栄が、ゲームを台無しにする」

(次回は、「運命のクラブをどうやって探すべきか」の予定です。ぜひご覧ください)

(写真:水野浩志)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。
 
     

撮影協力
西宮高原ゴルフ倶楽部
衣装/ポロシャツ(オレンジ、イエロー、ブルー)7020円、パンツ(ホワイト・ブラック)1万800円、ゴルフインナー(ホワイト)5400円、ベルト(ホワイト、ブラック)8100円、コンプレッション3/4レギンス(黒)6480円、コンプレッショントップス(グレー×ブルー)8424円。以上すべてアンダーアーマー