日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 体づかいの悪い癖はコースに出て学べ!
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

体づかいの悪い癖はコースに出て学べ!

第3回 2つエクササイズで足腰を強化する

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。山口信吾先生から課せられた体の柔軟性のチェックをクリアした後に、いきなりコースをラウンドすることになった。さてその顛末はいかに。

 身の程をわきまえずに〝大上段″から語り始めることをお許し願いたい。

 ゴルフはつくづく自分の“心との闘い”である。

 ライバル仲間とのラウンドであれば、1ヤードでも遠くに飛ばし、1打でも相手を上回るスコアで上がりたい。女性を交えたグループならば男っぷりを上げたく、大勢が見つめるコンペの1番ホールではビッグドライブ(予想を超える距離のショット)を放ち、「おぉ~、ナイスショ~ット!」の声を薄々望んでいる(…に違いないでしょ?)。

 だが、かの世界ゴルフ殿堂の1人であるアーノルド・パーマー(傘のマークでおなじみのブランド名をご存じの方も多いだろう)氏は、こう言った。

 「ちょっとした見栄が、ゲームを台無しにする」

ホールが進むたびにスコアを上げて行く先生に対して、記者は“1打しのいで、3打落とす”の繰り返し。ちなみに、当日のスコアは“110”台。このスコアが、もともとの連載タイトル“百獣の王”から改名された理由の一つでもある。
 

 13年半ぶりに立ったティーグラウンド(これまでの経緯は、「13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?」をご参照ください)。山口信吾先生の前での実技試験であることに加えて、会心のショットを狙うカメラのシャッター音がとてつもなく記者の緊張感を高める。西宮高原ゴルフ倶楽部のINスタート(10番ホール)は、左の林に打ち込んだらOB、右に曲げたら谷底OB…である。遠く正面に見える木を目標にして、心で祈りながらバックスイング(スイングのためにクラブを後ろに振り上げること)に入った。

「でも、グッドマナーです(うふふっ)」

 ビューン、カッキーンという鋭いスイング音と打球音が交わった瞬間、記者は確信した。

「フオア~ァァァァ~~~~」

 会心だったのは、ショットではなく大声の方であった。優しいキャディーさんが、「あっちは谷ですから、叫ばなくても大丈夫ですよ。でも、グッドマナーです(うふふっ)」と労わってくれた。

 気を取り直して、OB後の打ち直し第3打。リラックスしながら呼吸を整えて今度こそ。

 ヒュン、キーーーン。

 ボールは“カミソリ”のような切れ味の魔球となって谷底へと消えていった。たとえが古くて恐縮だが、まるで元読売ジャイアンツの大エース、西本聖選手の全盛期のシュートをも凌ぐ、見事な“ど・スライス”(右に大きく球が曲がること)だった。振り向くと、山口先生は青空を遠く見上げ、カメラマンは「渋柿」を食べたような顔でうつむいていた(と記憶している)。出だしから痛恨の2連続OBである。

 その後のラウンドは、読者の皆さんのご期待通りであった。歓喜、祈願、苦悩、決心、困惑…。自分の心と闘い続けた18ホールの様子は、まあ次のような感じだ。

 ドライバー(1W)で250ヤードも飛ばしかたと思えば、残り90ヤードでアイアン(9I)を強く振りすぎてグリーンを大きくオーバー。バンカーからはすべて一発で脱出させたのに、グリーンそばからカップに寄せる短いアプローチではダフリ(*1)やチョロ(*2)をしでかす。10m超のパットであわやバーディの絶妙タッチを見せたのに、わずか2mのパットで行ったり来たり。

 結果から言えば、まるで“冷凍保存”でもされていたかのように、13年前と変わらない自分のゴルフがそこにあった。どうしてゴルフ連載の担当なんかになってしまったのだろう…。ラウンド中も心が揺れるたびに、悔しいかな鬼編集長の顔が現れるのである。

 「わっはっは~。いいぞお前、その調子で連載も笑わせてくれ」

 シングルを目指して意気揚々だった記者の姿は、ラウンド後はまるで『借りてきた猫』だったそうだ。朝は希望と活力に満ち溢れた“百獣の王”のライオンごとき勢いは、もはや風前の灯のごとし。「ライオンが猫になった」のだから、噺家ことばを借りれば“そいつぁ、穏やかじゃねぇ”てな具合だったに違いあるまい。

(*1)ボールより手前の芝土に当たること (*2)ボールの頭をかすめて少しだけ転がること

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.