日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 気持ちは五郎丸選手! OBを防ぐ魔法のルーティン
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

気持ちは五郎丸選手! OBを防ぐ魔法のルーティン

第20回…ルーティンは、端折っても加えてもダメ!

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。連載もいよいよ2年目を迎えて、スコアアップを目指すラウンド術を実践することになった。まずはラウンドを始める第一歩、そして各ホールの第一打目に向けた「意識改革」から。ティーショットが安定しない記者が、真っ先に見直したのが「ルーティン」。これだけで驚くことに、ドライバーでのティーショットから「OB」の二文字が消えた!

 この連載「月イチゴルファーが2年でシングルを目指す」も、いよいよ2年目を迎えることになった。お陰様で、読者の皆様からの温かい励ましや声援によって、なんとか「連載打ち切り」だけは免れた。これまでの経緯は、前々回(参照記事:「 リベンジラウンドでスコア92の大躍進! 目指すは80台」)に詳しくまとめた。さらに、前回は「幸運の女神」によってもたらされた80台というスコアを達成した(参照記事: リスク回避の3つの決め事で「ハーフ39」の奇跡!)ことをご報告した。

山口信吾先生とのラウンド。先生はテキパキとルーティンを終えると、ワッグルせずにすぐにスイングに入る。ボールは見事、狙い通りのフェアウェイに。
[画像のクリックで拡大表示]

 これからは第2ステージと位置づけ、スコアアップにつながる「コースマネジメント」をテーマに、記者がラウンド中に気づいたことを交えながら、上達のヒントになる内容をお届けしたいと思う。だが問題は、目的とするテーマに、記者の上達が追いつけるかどうか…。もちろん、失敗のシーンが目に浮かぶような七転八倒ぶりも包み隠さずにご紹介するつもりだ。

とにもかくにもOBスタートだけは避けたい!

 さて、コースマネジメントとひと口に言っても、「ティーショットの落としどころ」「2打目、3打目の刻み方」「グリーン手前から攻める」…と、ポイントは様々にある。とはいえ、記者を含む初心者ゴルファーにとって、ゴルフの難しさに直面するのは、とにもかくにも第1打目のティーショットであろう。

 その象徴とも言うべき、今も鮮明に思い出せるシーンがある。昨年、13年ぶりにクラブを握ってからの初ラウンド、そこでの記念すべきドライバーショットは見事な2連発OBだった(参照記事:「体づかいの悪い癖はコースに出て学べ!」)。

 「フオア~ァァァァ~~~~」を連呼した後、キャディさんからいただいた「グッドマナーです(うふふっ)」という優しい言葉。一連の映像は脳内にアーカイブ化され、望みもしないのにしばしば勝手に再生される。

 以来、ドライバーの練習は積めどもティーショットは安定せず、「引っ掛け」「プッシュアウト」、はたまた「トップチョロ」…と、本コースでやらかしたことは数知れず。まして、初対面のプレーヤーとラウンドするときなどは、否応なしに緊張感もMAX…。さらにスタートホールで引く打順を決めるくじで「1番目」などを引こうものならば、酸欠になりそうなほどの重圧がかかりだす。もはやティーグラウンドに立つ前から、「前にだけは飛んでくれ…」と神に祈るばかりだった。

1/6 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.