「ルーティンでミスショットを確実に減らしていけるのですから、疎かにせず、しっかり見直すべきです」(山口先生)

記事に戻る