ドライバーで安定したショットを目指して、ルーティンを改めて見直した。自分のリズムにあったパターンを見つけて、毎ホール、同じ作業を繰り返す。普段の練習から、試行錯誤を続けた。

記事に戻る