日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 気持ちは五郎丸選手! OBを防ぐ魔法のルーティン  > 5ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

気持ちは五郎丸選手! OBを防ぐ魔法のルーティン

第20回…ルーティンは、端折っても加えてもダメ!

 池田 悟=日経Gooday

ラウンド術トは『大叩きをしないため』のエチケットに通じる

山口先生 「淡々とルーティンをこなしたら、『決めた通りに打つ』ことがミスショットを防ぐことにもつながります。これから次のステップに向かうに当たり、『ラウンド術』や『コースマネジメント』といったことを実践して行くわけですが、その目的はそもそも何だか分かりますか?」

記者 「スコアアップをするための上達法…とは違うのでしょうか」

山口先生 「そうした側面も確かにありますが、実は『大叩きをしないため』なのです。林や斜面に打ち込めば、同伴者にボール探しを手伝ってもらうことにもなるし、それが続けば時間をたくさん費やす原因にもなる。つまりスロープレイにつながるのです。コースマネジメントを身に付けることは、スコアアップや技術の習得はもちろんですが、同伴者とのプレイを速やかに進めることにつながる。同じコース上にいるゴルファーに対して、スムーズにゲームを進めてもらうためのエチケットにもつながるのです」

記者 「まさに、その通りですね! 私も含めてスコアの良し悪しに目を向けがちですが、ゴルフのルールブック『ゴルフ規則』の第1章はエチケットで始まっていることにも通じているわけですね」

山口先生 「ラウンド術が身に付いてくると、技術の向上とともに、『無謀な挑戦』と『果敢な挑戦』を見極められるようになってくる。スコアカードから7打、8打といった数字がだんだんと無くなっていくはずです」

 直近のラウンド…。100ヤードを残したアプローチショットを打つ前に、五郎丸選手のルーティンを真似してパーティーの笑いを誘ったはいいが、悪ふざけが災いしたのか、仕切り直して放ったショットは痛恨のバンカー入り。先輩ゴルファーたちからは、笑いとともにすかさず鋭い突っ込みが入った。

 「笑いとってもスコアは縮まねぇ~ぞ! 2回も違うルーティンしたからスロープレイで1打罰な!!」

 ショットに不安を抱えているゴルファーは、ぜひ自分のルーティンを再確認してみてください。きっと変わるハズです。

ヤマハの2016年モデルは藤田寛之プロが新コンセプトを設計

 昨年の連載開始より「110の王」の記者が使用するクラブをサポートしてくれるヤマハが、2016年モデルを10月23日に発売した。今回は藤田寛之プロが新たなコンセプトを提案。ドライバー(2タイプ)、フェアウェイウッド(3・5・7W)、ユーティリティー(3・4・5UT)、アイアン(3シリーズ)の全シリーズがフルモデルチェンジとなった。

ヤマハの2016年モデルの発表会場では、新しいコンセプトを提案した藤田寛之プロと、谷口徹プロが登壇。開発中の試作エピソードなどが披露された。
[画像のクリックで拡大表示]

 特にドライバーは、「たわみのヘッド」と「しなりのシャフト」を組み合わせたRMX(リミックス)コンセプトを継承し、旧モデルよりも最大6.4ヤードの飛距離アップを実現した。新モデルの発表会場には、藤田寛之プロ、谷口徹プロの2人の元賞金王がステージに登場。「年齢は上がっても、まだ飛距離は伸びている」(藤田プロ)、「計測機器が壊れたのかと思うぐらい飛距離が伸びた」(谷口プロ)と感想を述べた。

ドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、ユーティリティーの全タイプがフルモデルチェンジ。写真はフラッグシップモデルのRMX・116ドライバーと116アイアン。
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、身長173㎝、体重60㎏、筋骨隆々では決してない標準体型の記者が、マン振りでドライバーを打ったときの飛距離は260ヤード前後。体型に見合わない飛距離に周りが驚くことしばしばだが、その秘密はやはりヤマハのドライバーにあると確信している。ぜひ、ヤマハが主催する試打会や、ゴルフショップなどで、その「飛び」を実感してみては。詳しくは、ヤマハのホームページで。

次ページ
撮影協力

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.